転職・退職の囲み記事転職集一覧

たいてい大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの…

一般的観点からすると大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、タイミングを考慮しなくてはいけません。おまけに、田舎のほうでとなるとそのチャンスはずっと低くなりそうです。ただ、製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地付近に製造の拠点としていることも多々あります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

長く接客業で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立って行う仕…

ずっと接客業でお勤めしてきましたが、加齢が原因か立ったままのお仕事は体力的につらくて、座り仕事である事務系のお仕事への転職を志して動き始めました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、そうであれば接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格も合格し個人クリニックに転職することができました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡が何回も入ります。

転職エージェントに一旦登録すれば、しつこく電話やメールをしてきます。そのため初めて利用された人はとても驚くケースが多いです。転職エージェントは転職をサポートすることが業務ですので、大変積極的にアプローチしてきます。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させると企業からお金を受け取る仕組みといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

こういう転職というのは兄の話です。

こういう転職という話は友達からの話です。就職活動を始めて新卒時にどうしても入社したかった憧れのA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、そのため仕方なく他の会社に就職しました。1年経過したぐらいに派遣の求人のサイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられなくなり当時働いていた会社をすぐ退職して、A社での派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込んだり…

転職期間では、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。勤務先が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に没頭していた影響で、無意識の間に集中力がアップしています。また体力アップしているために、他の社員さんよりも疲れない身体になっている、と認識することができます。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

この頃はPCを使えばわかるけどネットで見られる世界…

いわゆるパソコンを使えばわかるけどネットのエリアには、今では「転職サイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?その無数のサイトから自分に見合った転職先を見つけるためには、最初は情報収集から始めましょう。「転職サイト」をうまく利用することで満足度の高い転職先探しが可能です。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として・・

転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤めている会社の退職があげられます。転職先が決まっても、今いる会社があなたを引き留めるというのもありがちな話です。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い信念を維持することが大切でしょう。仮に引き留められて留まった人でも、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

より安定した暮らしを願い正規の社員として働きたいと考えている・・

安定的な人生を求めるべく正規の雇用社員を目指す人は相当います。けど、役立つスキルを身に着けたりしていくら努力しても、正社員のためのキャリアアップが叶えられないこともあるでしょう。非正社員の求人募集が目につくのに正規雇用の求人募集以外は気にも留めずエントリーしない人も多いでしょう。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

3日ほど前転職先を探すために人材バンクに登録に出向きました。

先日転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当の人の雰囲気がどうも社会人経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1も理解していないように思えました。さらに「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが大事です」等、大上段から横柄にのたまうので非常に不愉快でした。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業側からも今までにない変化が生じ始めています。