転職・退職の囲み記事転職集一覧

安定的な生活を願い正社員として働くことを意識している・・

より安定した暮らしを送ろうと正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人が多いのが現実だと思います。即戦力として働けるようにかなり頑張っても、中々正社員のためのキャリアアップが現実化しない可能性もあります。準社員の求人募集を見たとしても、正規雇用の求人情報以外には目もくれず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

一般的に見て大業は「定期採用」がメインです。ですから、…

ほとんどの場合大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。そして、地方では転職のチャンスはとても厳しくなるでしょう。しかしながら「製造業」に関連する企業であれば、地方の工業団地付近に拠点としている少なくありません。そのような地方の工場なら、事業分野の拡大をする時に中途採用する事がよくあります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

長く接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるに・・

長年接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢が原因か立ち続けなければいけない仕事は体力的につらくて、座って仕事ができる事務の仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務未経験の場合わりと厳しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人のクリニックに転職することができました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職を考えている時にチェックすることになる募集内容に関しては、…

転職をする際に閲覧することになる求人情報に関しては、一般的なものとして書いてあることもありますから、掲載されている内容はすべて正確なことだとはあてにするのはやめておいたほうが賢明でしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与面においては、平均的な額なのか?最低額なのか?最高の給料であるのか?という読みができないケースが多く、勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、悔しい思いをする可能性も少なくなりません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

失業保険の給付について、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。でも、現実的には「会社から解放されたし、しばらくはゆっくりしたい」と思う人も少なくないでしょう。そこで、本気で求職活動をしているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気が見たところ20歳そこそこの社員のようで、私が伝えたいことの5割ほどもその社員は理解ができていない模様。しかも「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと強みをはっきりとさせるべきでしょう」とか、わかったように横柄にしゃべるので非常に嫌な気落ちになりました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で不本意です…

派遣社員として勤務しています。労働契約法の関係で残念ですが長く務めてきた就業先での仕事の契約が終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先から正規社員の条件を得た人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいが上手でそれで採用された模様。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職をするときに重要視されるのが「面接」です。

転職をする場合、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。よくある面接の際は面接官が応募者に対し、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接の終了間際に今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わるのが普通です。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

今までの求人誌に募集要項の中に「性別」まで、書かれていました。

数年前は求人情報に雇用主の希望する「性別」が明確に書かれていました。ですが最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にあってはならないとして、求人情報の条件に「性別」を明記できなくなりました。けれど、募集を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。

転社を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使って精神面を強くするための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また、転職と異なる行動をする事も精神面を鍛えることが可能です。