3日ほど前転職先を探すために人材バンクに登録に出向きました。

この前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録に向かいました。

この前転職のために人材紹介会社へと登録に出向きました。そこで私のカウンセリングのために出てきた担当者がどうも社会人経験の少ない社員のようで、こちら側が説明している話の5割もわかっていない模様。それなのに「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが必要です」等、一人前のことを偉そうに言うので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと感じます。

転職時の面接のときに着用していく腕時計のことなのですが・・

転職の面接のときにつける腕時計については、どう見ても目を惹くような時計はしていかないほうが安全です。腕時計で目立つものというのは高そうなデザインをしているとか、といったことだけではありません。その反対で完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つという意味であって正反対で目を惹く、ということで考えておきましょう。面接の際の腕時計はポジション的にはネクタイやスーツと同様に、ビジネスの場にふさわしい無難なものを選んだ方が良い印象を与えます。とはいえ、歳にあったものというのもとても重要で、新卒の面接で用意した腕時計よりは多少なりとも値段が高い腕時計にした方が好ましいということははっきりと断言できます。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。しかしながら、忙しく仕事を続けつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも消耗が激しいといえます。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、書類選考をパスし、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにせよ貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と意識しておきましょう。

仕事を変えようと考えている時に注意を向ける求人内容につい・・

職を変えようとしようとしている時に目を光らせることになる募集事項については、目安として、アバウトに載っている可能性があります。ですから、記載されていることは100%正しいものだと信じない方がよろしいでしょう。そのなかでも給与の額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?といった見解ができない時が多く、独断で判断してしまうと、後になって嫌な思いをすることもあります。したがって、悔いることのないように、求人に掲載されている情報はうのみにせずに、そういった内容は会社側に直接確かめてみた方が好ましいでしょう。

転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。多くの会社は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大切といえるでしょう。単に文字を書くだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも重要です。「職務経歴書」は、今までの職務の詳細と、自己アピールをしっかり書いておきましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントを活用したり、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための有効な手段だといえます。

仕事を変えた際には、高確率で前の会社の仕事での多くの記憶は美化されます。

転職した場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事のたいていの記憶は美化されます。実際のところ現在の仕事内容に不服があるから、それをクリアするために思い切って退職を決め、再就職すことになったのに、いつしか不思議なことに転職後の会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と思い始めるのです。それというのは至って当然のことで、以前の職では業務に慣れていて、きちんとやるべき仕事があっさりと消化できていたのもというのもあります。とはいえ「転職なんてしないほうが良かった」と後悔するほど、以前の会社の方がやりがいも職場の雰囲気が良い事もあります。

以前の私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」を活用していました。

これまで私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」を利用していました。というのも大手の転職サイトはシステム上、都心の企業の求人がほとんどだからです。このため、転職活動をする際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に寄り添った企業が多く、自分に適した職が探しやすくなります。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている人が多いとは思います。以外にも、大手の転職サイトにはない求人が見つかるかもしれないので、近いうちに転職したい場合は、ハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」を利用した時みたいな執拗なお知らせやメールの心配も無用です。

再就職における面接などに関して名刺を手渡してきたら、…

再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大体は渡すことはないと覚えておいてください。面接は仕事の延長ではなく、職を得るための就職活動内のことになるので、基本的には名刺をやりとりする時とは異なります。それに加えて、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。要するに、相手側から名刺を渡されたとしても、あなた自身はもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげる必要はないと考えます。

『今すぐ転職したい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら、…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、場合によって必ず言いくるめられます。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずに半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、なぜか辞められたのはその年の11月です。本来、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りには進みませんでした。やはり職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと以前にも増して困ってしまいました。

再就職の際の採用面接では、中堅企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが…

転職のときに行われる面接というのは、中小企業であればその社内の「人事」担当者が面接官ですが、100%ではありません。たとえば、仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、簡単に言えば部長や課長クラスが面接担当になる可能性もあります。とくに事務系・営業系といったジャンルでは、資格を介した具体的なイメージはありませんので、堂々と自分という人物をアピールすることで好印象を与えられます。担当者から「この候補者は、きちんと自己アピールできるし、それになかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大事です。