3日ほど前人材紹介会社へと登録に向かいました。

この前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 数日前転職先を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。そこで登録カウンセリングをするために出てきた担当の方が見たところ会社に入って間もない社員のようで、こちら側が説明をしていることの50%もわかってはいない様子です。それにもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと強みを明確化しいていく必要性があります」とか、一丁前の話を横柄にのたまうからとてもイライラしました。カウンセリングを担当させるのはいくらか仕事の経験がある方にしてほしいと感じます。
  • 転職の面接で使う腕時計の事についてですが、どう見ても目立つ…

  • 転職の面接につけていく腕時計の事ですが、明らかに目を惹くような時計はやめた方が安心です。目立つ腕時計を詳しく言えば高級ブランドの腕時計とか、というだけではありません。それとは真逆で安物の腕時計に見られてしまうとか、そのような目を惹くということで真逆の意味で目を惹くのだと捉えておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてもポジションとしてはネクタイやスーツと同じようにとらえ面接するにふさわしい平凡なものをつけるほうが好印象です。しかし、年齢に見合ったものであるということも重要で、新卒の頃に用意した腕時計よりはほんのわずかであっても値が張る腕時計にした方が間違いないとはっきりといえます。
  • 転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

  • 現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。しかし、忙しく仕事を続けつつ求人をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも結構きついと思います。また、転職活動時は、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、他方直接応募していたとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。新卒の就活とは全くことなることを意識を持つことが大切です。
  • 再就職をする際に見る仕事の情報というのは、一般的なものと…

  • 転職をする時に閲覧する募集事項に関しては、一般的なものとして書いてある可能性も少なくはありません。そのため、そこに掲載されている内容は100%間違いのないものだと当てにしない方が賢明です。特に給料の金額などにおいては、一般的なのか?最低保証の金額であるのか?最高の給料であるのか?というような評価ができないケースが多く、勝手な判断で読み取ってしまうと、今後、後悔することになる可能性もあります。そのような訳で、後悔しないようにするためにも、求人に記載されている情報は一般的なものだと思って、そういったようなたいへん大事な事は会社側に直接聞いてみた方が適切です。
  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。会社の大半は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類の作成が大切です。ただ穴埋めするだけでなく内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入します。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく書くのが得策です。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために活用をはかることも転職を成就するための良い結果を導きやすくなります。
  • 転職したケースでは、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事の…

  • 仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの会社の仕事はほとんどの出来事は美化されます。本当は現在の待遇に満足できないから、前向きな思いで思い切って退職を決め、再就職したはずなのに、時の流れとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じることが増えてきます。というのも至って自然のことで、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので今よりも楽に与えられた業務があっさりとこなしていたのが、理由にあるでしょう。その一方、「どうして退職したのか」と真剣に思うほど、前の会社のほうが報酬も報酬が良い事も考えられます。
  • 前は「転職サイト」よりも「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • 以前の私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。このため、転職するときには「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に根ざした情報がピンポイントで見えるのはありがたいです。「どんな求人があるかわからない」という先入観がある方も多少いるかもしれません。思いもよらず、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、この先勤めている会社を辞めたい場合は、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」みたく大量の電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。
  • 再就職の面接などにおいてもし名刺を差し出されたとした…

  • 再就職における面接などに関して名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?と迷ったら、普通一般的には差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。面接とは仕事の延長上のことではなくて、職に就くための就職活動の一環です。ですから大方は名刺をやりとりする時とは違います。それに、会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。それゆえに、相手から名刺を渡されたとしても、あなた自身は名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡す必要性はないと考えます。
  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が本当に強いものであるなら…

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、相談という形で話せば状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。実際に私もそういった経験があり、話がこじれて結局、半年以上にわたり辞められませんでした。はじめて直属の上司に相談したのが年度末で、退職が受理されたのが同年の11月です。本当は、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りにはいきませんでした。やっぱり会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと会社や上司に対して困ってしまいました。
  • 転職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの…

  • 再就職時の採用面接では、規模の小さい企業であれば概ねは人事担当者ですが、それ以外にも実際、今後職場でかかわりの深くなる現場の担当者、つまり部長・課長などの中間管理職が面接をしてくれることもあります。その中でも営業や事務などのカテゴリでは、資格による見極めが難しいので、堂々と自分を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当者たちから「この候補者はハッキリ主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大事です。