長期間接客関係で務めていたのですが、年齢的に立って行わなければいけない仕…

長きにわたって接客関係で勤め続けてきたのですが、歳をとるにつれて…

  • 長い間接客業で仕事を行ってきましたが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にきつく、事務の仕事へ転職することを第一目標として活動しました。事務未経験となるとなかなか難しくて、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人の医院に転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃より帰りも遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成をするんだと受け入れて頑張ります。

  • 転職する場合は、最初に、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したり・・

  • 転職を行うにあたっては、始める前に、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして興味のある会社をチェックするとは思います。ところが、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような社員の声や社長のインタビューについては、額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、予想とは全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。悪意ある会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社させないように謀っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

  • 転職のための採用面接を受けにとある会社に伺ったときのことです。

  • 転職時の面接に訪ねました。偶然その会社の会議室や応接室が空きがないということで社外のとある場所で面接をする方と待ち合わせをして面接が行われて、その場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。なので電車の中でも彼とずっとお話しながら帰ることになって、結果として緊張が解け面接より話が弾み、それがプラスになったのか何の問題もなく採用をゲットすることができました。

  • 仮に転職しようとしても全てがうまくゆくという確証はありません。

  • 再就職を考えたとしても、全てが首尾よくいくというわけではありません。可能であれば、どう転んでも転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちに出来るだけ早く考えておくべきでしょう。大半の場合、20代の若いうちはとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職自体がかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職の意思が強くなっていても今の仕事を続けるということを選択肢から外さないほうが良いです。退社してから転職活動を始めるよりも、今の会社を辞めないままの方向で時間をかけて慎重に探すほうが後悔することもありません。

  • 転身しようと思っているなら労を惜しまずにたくさんの・・

  • 転身を考えているなら、様々な企業の募集案内を日常的にチェックしておけば再就職先の労働環境の見極めが大いにしやすくなります。今の仕事に満足していないと、転職活動する際、どんな会社でもいいように見えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選ぶべきか迷ってしまい、判断を大きく間違えるおそれがあります。結果、ごく短期間で転職を考える羽目になるので、どんな会社か見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。担当者から「転職理由は?」という風に、かなり高確率で質問されます。その場合、どれだけ正論だと思っても、以前の職場の労働環境や人づきあいについての返答は、なるべくするべきではないでしょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいかねません。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大事で、本心とは違っていても、「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のように仕事に対して前向きな受け答えが理想です。

  • これから転職活動をするに当たっては、直近の職場や仕・・

  • 転職をするのなら、今いる職場・業務の何に不満があるのかをリストアップしてみる必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々気に入らないことにガマンできないから転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて現状である業務の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎた…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年経ったら任意のタイミングで退職できるわけではないと、実際に転職活動したことで気付かされました。私は新婚した後、生活が落ちついたらできればすぐに子供が欲しかったので、その時が訪れるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の会社で継続で仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、正社員より給料は少なかったですが、仕方ないので時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。ところが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 転職の時の面接で必要となるスーツの色合いは、新卒の就職…

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の人たちが就職活動の時に着る色がベストとされています。要するに、紺や黒といった感じのようなダークな色になります。それが、転職でも、着ていくビジネススーツの色に関してはこういったダーク色が多数で、他の色を着用している方はあまり見ることはありません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系を着用している方が若干いるくらいです。大方は黒や紺色が多数派なので、面接を行う人事から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前のように感じます。ですから、第一印象という観点ではおすすめということになります。

  • 転職の活動をしている最中は、なにはともあれ常に自分…

  • 転職のための活動を行う際は、まず常に心のうちが急がないということをとても大切にしましょう。まだ辞めないで転職のための活動をする場合はあんまりないかもしれませんが、退職をした後にする場合だったら、心のうちが焦りがちになってしまいます。なので、冷静になりつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、自身でやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などをハッキリさせておきましょう。そして、実際の職場と比べてみて、合致しているかを再度、冷静になって見極めていきましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。