長年にわたり接客関係で勤め続けてきましたが、歳をとるにつ…

長年にわたって接客業で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれて…

  • 長きにわたって接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢が原因か立ったままの仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを頭に入れて動きました。事務の経験がない場合少々難しくて、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格試験にも合格し個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においても複雑。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業時代より帰宅時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時期だと考えて仕事を続けます。
  • 転職活動を始めるとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たり・・

  • 転職活動を始めるとき、あらかじめ、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したりして転職希望先の会社をチェックすると思います。ところが、その会社が情報を載せる際には、コンサルタントに相談をしている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、こんなはずではなかったと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な文句をつけて退社させないように仕向けています。その手の、いわゆる「ブラック企業」の求人にはよくよく注意しておきましょう。
  • 転職の面接を受けるため希望先の会社へ訪ねました。

  • 転職の面接に転職希望の会社へ行きました。たまたまその会社の会議室が空いておらず社外で面接担当者と待ち合わせて採用面接をして、当該会場で解散をして、面接官もそのまま自宅に直接帰るとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車内においても面接担当者と一緒に話しながら帰宅することになり、おかけで緊張が解け面接より話が弾み、それが奏功したのかなんとか採用をゲットすることができました。
  • 仮に転職するにもあらゆることが順調に運ぶという保証はどこにもありません。

  • 再就職を考えたとしても、全てがうまくゆくワケではありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどっちにしろ転職をしなくてはならないなら速やかに行動しておくべきです。大半の場合、20代のうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職の場合は、たいへん難しくなります。重要なポジションにいる場合、転職の意思が強くなっていても会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を行うよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に未来を構築していったほうが失敗しなくて済みます。
  • 再就職しようと思っているならまめに色々な会社の採用情報の詳…

  • 転身を予定しているのなら、まめに色々な会社の募集案内を調べたり比較したりしておくと転業先を選ぶのにとても役立ちます。あなたが今の仕事を不服だと思っているケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどんな会社でもいいように思えてしまします。そうなったら、どの企業を選択すべきか判断できなくなり、会社選びをしくじってしまう恐れがあります。それゆえに、短期間で退職しなくてはならなくなるので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。良い会社は、取引している会社を公表していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 転職時には、面接をすることになりますよね。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、100%の確率で質問されます。この時に、どういった理由があろうとも、以前の職場の働く環境や人間関係に関しての不満を絡めた内容などは、できれば口にしないことをお勧めします。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスをふいにしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが正解です。本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のようなアピールの仕方が好印象となります。
  • 今からでも転職活動をするに当たっては、今いる業務や・・

  • 今から転職することを予定しているのなら、現状の職場の何に不満があるのかをリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らないことがあるから転職したいと考えているのは分かります。でも「ちゃんと存在する人間関係などの客観的に考えた不満な点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐことができます。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経った・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職を経験して感じました。新婚生活が落ちついたらすぐに子供が欲しかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい現在の会社で継続で続けられれば良いなと思い就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員よりも収入は少なかったのですが、それでも家庭の時間のために、この道を選択しました。ところが、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの方が派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣社員といえども、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 転職時の面接で着るスーツの色は、新卒の就活の時に準じた色合いが…

  • 転職の時の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の就活の際にに着用している色合いが安心です。ということは、紺色や黒色のような落ち着いた色合いになるわけです。転職のケースであっても、着用するスーツの色はこういったダーク色が圧倒的多数であって、そうでないカラーを着ている転職者はあまり見ることはありません。あえて言えば、グレー系を着ている方がわずかにいるほどで、たいていの場合は紺や黒とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、面接を行う人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前のように感じるので、身だしなみ、という点においては推奨したいわけです。
  • 転職のための活動をしている最中は、まずとにかく心のうち・・

  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、なにはともあれ必ず内心が静かであることを大事にしましょう。まだ会社を辞めないで転職をするための活動をするのであれば、たいして気にしなくても良いですが、退職してしまってから行う場合、やはり心が焦燥感が出てしまいがちです。なので、冷静になりつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、冷静になって見極めてみてください。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。