長く接客関係で仕事を続けてきたのですが、年齢的に立ち続ける仕・・

長い間接客業で勤めてきましたが、加齢が原因か立って行う仕・・

  • 長く接客関係でお勤めしてきましたが、年齢を重ねると共に立ち続けるお仕事は体力的に耐えられないため、座り仕事である事務の仕事への転職を視野に入れて行動を起こしました。事務が未経験となるとけっこう厳しく、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと思い資格を取得して個人クリニックに転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係が苦痛。夜のシフトばかりさせられて、接客業で働いていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、今はキャリア形成をするんだと割り切り頑張ります。
  • 転職を行うとき、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり…

  • 転職活動では、予め、公式ウェブサイト、求人票、パンフレットなどで転職候補先の会社を調べるでしょう。ですが、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスとなる情報を隠すプロでもあります。仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。その類の社長の方針や社員の感想に関しては、それを事実として見るのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。美辞麗句を信じて会社に入った場合、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。最近問題となっているブラック企業に多い例です。
  • 転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。

  • 転職における採用面接に転職したい会社へ伺いました。偶然その会社で部屋が空いておらず外の場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接を行い、その場所で解散をし、面接担当者も会社には帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。結局は電車内でも一緒におしゃべりをしながら帰ることとなって、そのため緊張がなくなって面接よりお話が弾み、それが功を奏したからなのか何事もなく採用を獲得することができました。
  • 仮に再就職するにも理想通りの成果があがると断言はできません。

  • 仮に再就職しようとしてもすべての人が満足いく成果をあげられる確証はどこにもありません。できればどう転んでも転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちに行動しておいたほうが良いです。たいていの場合、30代前半までは結果が出やすいですが、30代後半~40代となったあとでの転職結果は、相当に厳しいものと考えておくべきです。管理職などを任されているのなら、転職を考えていても今の会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。退職後に転職活動を開始するよりも、現在の会社に残りつつ、堅実な未来を模索しておいた方が賢明といえます。
  • 再就職を念頭に置いているならいろいろな会社の採用情報の…

  • 転業を念頭に置いているなら多様な企業を定期的に調べておくと転業先の労働環境の見極めがとてもしやすくなります。あなたが今現在の仕事に満足感がないケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどこの企業もいいように見えます。そんな状況になってしまうと、どの企業を選択していいのかわからなくなり、会社選びに失敗してしまいます。それゆえに、あっという間に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。
  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。面接担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。この場合、どういった理由があろうとも、前の職場の人づきあいや労働環境に関しての愚痴ともとれる受け答えは、極力口にしないことをお勧めします。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時にはポジティブな発言が肝要で、とにかく「新しい職場では自分の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」といった未来に目を向ける形が大切です。
  • 転職活動しようと思うのなら、今いる業務や業務で感じている不満点…

  • 今から転職することを考えているのなら、現在の業務の何に不満があるのかを明確にしておいた方が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らないことにガマンできないから転職しようと思われているはずです。が、「ちゃんと現状である仕事の客観的にみた問題なことを書き出す」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そして、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職の失敗は抑えることはできます。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えた・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動したことで思い知らされました。結婚した後、落ち着いたらすぐに子供がほしかったので、子供ができるまでと思い数年ほど今までの継続で続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。が、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは大多数のスタッフが派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣社員を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。
  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色合いに関して・・

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けている色味が安心です。つまり、紺系や黒系といったようなダークな色合い、ということになります。それは転職でも、着用していくビジネススーツの色味はこういう暗めの落ち着いた色が多く、そうでないカラーの人はほぼ見ることはありません。あえて言うならば、たまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体から見ても黒や紺色のビジネススーツを着用している方が大多数を占めているので、面接を行う人事から見てもそういった色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、第一印象という面では推奨したいわけです。
  • 転職のための活動をしている最中は、とにかく自分の心のう…

  • 転職のための活動を行う際は、最初にゼッタイに内心が慌てないということを強く意識しておきましょう。まだ会社を辞めないで転職の活動を行う場合はそれほどは気にする必要はありませんが、退職したら行う場合はやはり心が焦燥感が出てしまいがちです。なので、気持ちを抑えつつ、活動してみましょう。今後、自分がやってみたい業務や、理想とする職場の雰囲気を具体的にしてみてください。そして、候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、徹底的に見極めましょう。しっかり考えることで良い転職先が容易に見つかるはずです。