長く接客業で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立って行う仕…

長年接客業で勤め続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて…

  • 長いこと接客業で仕事をしていたのですが、加齢のせいか立ったままのお仕事は体力的につらく、座って仕事ができる事務の仕事への転職を視野に入れて活動をしました。事務未経験だとなかなか採用してもらえず、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人クリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた時よりも帰りも遅いわけですが、まずはキャリアの形成時期と観念して頑張ります。
  • 転職をする場合、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たり…

  • 転職活動を始めるとき、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして転職したい会社をチェックするでしょう。ところが、当該会社が情報を公にする場合には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、額面通りではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に美辞麗句を信じて入社してしまった場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、いろんな難癖をつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この種のブラック企業には注意が必要です。
  • 転職したい会社の採用面接に伺ったときのことです。

  • 転職の面接を受けるため転職したい会社へ赴きました。社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで外部の会場で面接官との待ち合わせをして採用面接をして、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅の最寄駅が一緒だったのです。それで電車内でも面接を行った人とずっと話しながら帰宅することになり、そのため緊張が解け面接より話が弾み、それが原因かなんと採用を掴み取ることができました。
  • 仮に再就職をしようと考えていても何もかもがうまく・・

  • 転職を考える場合、万事順調にいくと断言はできません。どうせするなら、いつか、転職しようと思っているなら歳がいかないうちになるべく早く考えておいたほうが良いです。傾向としては、20代のうちは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代に入ってしまうと転職結果は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職したいと思い立っても、現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。つまり、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社には残ったまま堅実な未来を模索しておいた方が後悔することもありません。
  • 転業しようと思っているなら労を惜しまずに多くの企業の情報の詳…

  • 転職を近いうちにするつもりなら、いろいろな会社の情報を定期的にチェックしておけば転業時の選択にかなり役立ちます。今の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、実際に転職活動をするときに、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そういった状況下では、どこを選択していいのか迷いが出てしまい判断を大きく間違える可能性もあります。すると、ごく短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。透明性ある会社は、取引している会社情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時には、面接をすることになりますよね。面接担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、必ずと言っていいほど訊かれます。この時、どれだけ正論だと思っても、前の職場の人づきあいや労働環境についての不満に受け止められる答えは、できれば控えたほうがいいでしょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいます。ですから面接では「前向き」な返答に徹するのがとても大事です。本心とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような未来に目を向ける形が良い結果につながるのです。
  • そのうち転職をするのなら、今の仕事・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を…

  • 今から転職を考えているのなら、現在の仕事・業務の何に対して不満を感じているのかをリストアップしてみる必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満な点が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。でも「きちんと存在する人間関係などの問題な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことが可能なはずです。
  • 派遣社員だからといっても、1年経ったら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはな・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職活動を経験して気付かされました。私は結婚後、落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど今のそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、仕方なく時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかしながら、入社してみると一緒に働く方たちはほぼ全員のスタッフが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。
  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色に関しては、新卒の就活の時…

  • 転職の時の面接でいるビジネススーツの色味については、新卒の就活の時に着用する色がベストとされています。要するに、紺や黒といったようなダークな色合いになります。それは転職の面接でも、ビジネススーツの色味というのはこういったような暗い感じのカラーが大多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はほぼ見かけることはありません。強いて言えば、グレーを着用している方が若干いるくらいで、一般的には紺や黒が多いので、面接を行う人事から見ても黒や紺色であるほうが普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という点においてはそういった色を着用する方が良いわけです。
  • 転職のための活動をしているときは、とにかく自分の心が…

  • 転職のための活動をしている最中は、なにはともあれゼッタイに自身の心のうちがスッキリしていることを心がけましょう。まだ辞めないで転職のための活動をする場合はそれほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う場合だったら、かなり焦りが出てしまいます。であるので、慎重に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気をハッキリさせておきましょう。そして、実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで良い転職先が容易に見つかるはずです。