長く接客業でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるに・・

広告
退職 なかなか 言えない

長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、歳をとると共…

長く接客業で勤めてきましたが、年齢的に立った仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを考えて活動をしました。事務の経験がない場合けっこう難しく、それなら接客経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人の病院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代より帰りも遅いわけですが、まずキャリア形成の時と割り切って頑張ります。

転職するのなら、事前にハローワークやネット上の求人情報を閲覧したりし・・

転職活動を始める場合、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調べると思います。とはいっても、その会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった社員の声や社長のインタビューについては、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「こんなはずじゃない!」とあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は難癖をつけて、会社を辞めれないように策を練ってきます。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ向かいました。

転職したい会社の採用面接に出向きました。たまたま会社にある会議室が空いていないというわけで社外のある場所で面接担当の人と待ち合わせて面接をして、その場所で解散、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内においても面接官と一緒に話しながら帰ることとなって、その結果すっかりリラックスして面接しているよりも話が弾んで、それが原因か運良く採用を手に入れることができました。

仮に再就職を考えたとしても、あらゆることがうまく進行す・・

実際に、転職活動をはじめたとしても誰でも思ったとおりの結果が出るとは言い切れません。どうせするなら、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちにできるだけ早く変えるべきです。平均的に見ると、20代の若いうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職活動は、とても厳しいといえます。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職の意思が強くなっていても今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、注意深く行動したほうが良い、ということです。

転身しようと思っているならこまめに多種多様な会社の採用情報の詳細…

転業したいなら、多くの企業の情報の詳細を定期的に調べたり比較したりしておくと転業先を大いに選択しやすくなるでしょう。あなたが今現在の仕事に満足していないと、実際に転職活動をするときに、どこの会社もいいように見えます。そのような状況下では、どの会社に決めればよいのか判断が難しくなり、選択を誤りかねません。ヘタをすると、直ぐに転職を考える羽目になるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引先情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりなので求人チェック時に見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事から「転職理由は?」という風に、訊かれるのは確実です。このときに、どんな理由があっても、「人づきあい」「労働環境」に関しての不満を絡めた返しなどは、可能な限りしないようにしましょう。というのも、此の様な内容の話は、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することが大切です。、あくまでも「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような未来に目を向ける形が良い結果につながるのです。

そのうちでも転職をするのなら、今現在の職場・業務で感じている不満…

そのうち転職をするに当たっては、今の仕事での納得いかない部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満な点があるから転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと現在ある不満点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。その次に転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることはできると思います。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎた…

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ごとに好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職活動を経験して感じました。結婚して落ち着いたら早く子育てに取り組みたかったので、妊娠するまでの期間のために数年ほどそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、給料は安かったですが「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。が、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどの方が10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣だからといって、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。

転職時の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の就活の・・

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の際にに着用するカラーが一般的となっています。具体的に言うと、紺系や黒系の暗めの色合いになります。それが、再就職のケースであっても、着用していくスーツの色は黒系や紺系の落ち着いたカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の人はあまり見かけることはありません。それ以外の色と言うと、まれにグレーを着用している方が若干いるくらいです。全体的な割合をみても黒系や紺系のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う人事側からしても黒や紺色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、第一印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれ何よ・・

転職活動中はとにかく、なにはともあれ何よりも心のうちが慌てないことを忘れないようにしたいものです。在職中に転職の活動を行う場合はそれほどは気にしなくても良いですが、退職してしまってからするのだったら、どうしても心のうちが焦りが出てしまいます。ですので、冷静になりつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を具体的にしてみてください。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが矛盾していないか、落ち着いてしっかりと確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。