長い間接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねると・・

長きにわたって接客関係で勤め続けてきましたが、加齢が原…

  • 長年にわたって接客業で働いていたのですが、年のせいか立ったままのお仕事は体力的にきつく、オフィスワークへの転職を目標にして動き始めました。事務の経験がないとなかなか難しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと資格試験にも合格し個人のクリニックに転職することができました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰宅も遅いわけですが、最初はキャリア形成の時期だと考えて我慢します。
  • 転職活動の際は、まず、インターネット上で求人サイトを見たりし…

  • 転職する場合は、始める前に、ウェブ上の求人サイトを見たりして転職したい会社を調べるはずです。とはいっても、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。そのような企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそれを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は文句をつけて、いかにして辞めさせないようにするか画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。
  • 転職時の面接にある会社に行ったときのことです。

  • 転職のための採用面接に伺いました。会社内の面接ができる部屋が空きがないというわけで社外で面接官との待ち合わせをして面接を行って、その場所で解散し、面接担当者もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内でも面接官とずっとお話をしながら帰宅することとなり、緊張が解けて面接しているよりもお話が弾み、それが奏功したからなのか最終的に採用をゲットすることができました。
  • 仮に転職を考えたとしても、あらゆることがスムーズに進行…

  • 再就職をしようと考えていても万事首尾よくいくという保証はありません。できればどのみち転職をしなくてはならないなら極力早い時期に考えておいたほうが良いです。一般的には、30代前半までは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職そのものが相当に難しいといえます。管理職など、要職を担当している場合、転職したいと思い立っても、今の仕事を続けるということを選択項目から除外しないでおきましょう。ようするに、退職届を出したあとに転職活動するよりも、今の会社に残った状態で、慎重に探す方が良い、ということです。
  • 転身しようと思っているなら頻繁にたくさんの企業の情…

  • 転業するつもりなら、まめにさまざまな企業を定期的にチェックすることが、再就職先の判断がしやすくなります。あなたが今現在の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どんな企業でもいいように思えてしまします。そういった状態になってしまうと、どの会社に決めればよいのか迷いが出てしまい選択を間違えてしまうおそれがあります。そうすると、最終的には早々に転職を考える羽目になるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。良い会社は、取引先を公表していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、高確率で質問されます。このときに、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での「労働環境」「人間関係」に関しての不満を絡めた内容は、意識して口にするのは避けましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスをふいにしてしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのがとても大切で、本当の理由でなくとも、「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来形での話ぶりが良い結果につながるのです。
  • 来週からでも転職活動を予定しているのなら、今の職場・…

  • 今からでも転職活動を予定しているのなら、現在の仕事や業務の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とできてないです。そもそも不満が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。が、「存在する仕事の客観的にみた問題を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、すぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を通じて感じました。私は結婚し、生活が落ちついたら、すぐにでも子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい現在の部署でそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、正規よりも年収は少なめでしたが、やはり派遣社員という道を選びました。ところが、いざ入社後、一緒に働く人たちのほとんどが派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣を選択しても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • 転職時の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の方が就活・・

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色味は、新卒の就職活動に身に付けている色合いが一般的なルールとなっています。ですので、紺系や黒系のダークな感じの色、ということになります。それは転職でも、着用するスーツの色はこういう暗めの色が多数を占めていて、そうでないカラーを着ている転職者はほぼいません。その他の色で言えば、ごくたまにグレー系の人がいるくらいです。たいていの場合は黒や紺色が大多数です。ですから、人事担当の方からも黒とか紺のスーツを着ている人が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • 転職をする活動を効率的にやっていくには、まず何よりも…

  • 転職をする活動を成功させるには、まずゼッタイにあなたの心のうちが静かであることを強く意識しておきましょう。まだ会社を辞めないで転職をするための活動される場合は、たいして気にしなくても良いですが、退職の後にする際には、かなり焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静に活動するように意識しましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明瞭化しておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めましょう。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。