長いこと接客業で働いてきましたが、年齢を重ねると共・・

長年接客業で勤務してきましたが、加齢が原因か立って行わなければいけない仕…

  • 長いこと接客業で働いてきましたが、加齢とともに座ることのできない仕事は体力的にハードで、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを目指して活動しました。事務が未経験だとなかなか難しく、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格を取得して個人のクリニックに転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客の仕事をしていた時よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初はキャリア形成をするんだと腹をくくり頑張ります。
  • 転職活動の際は、前もって、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調査するでしょう。

  • 転職をする場合、始める前に、ハローワークの求人票を見たりして気になる会社を調べるはずです。とはいっても、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても差しさわりのない表現をします。その種の企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。
  • 転職のための面接に出向いたときのことです。

  • 転職の面接を受けるためある会社に出向いたときのことです。その会社の部屋が空いていないということで社外で面接官と待ち合わせをして面接を行い、その場で解散し、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車内でも彼と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなって、結果として緊張がほぐれ話が盛り上がり、それが奏功したのか何の問題もなく採用をゲットすることができました。
  • 再就職しようとしても誰でも思ったとおりの結果が出るとは言えません。

  • 転職を目指そうとしても、理想通りの成果があがるとは言えません。それはどちらにしろ転職をしなくてはならないなら若いうちに考えておいたほうが良いです。平均的に見ると、20代の若いうちは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職活動は、相当に厳しくなります。重要な役職を担当している場合、転職する意思が芽生えたとしても、会社に残ることも選択項目に入れておくべきです。つまり、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社に籍を置いたまま時間をかけて慎重に探すほうが良いということです。
  • 転業したいなら、こまめに多様な企業の情報を普段から調べたり比較したりしておく・・

  • 再就職するつもりなら、労を惜しまずに多種多様な会社の採用情報を普段からチェックしておくと転身先をかなり選択しやすくなるでしょう。今の仕事に不満足だと感じているケースでは、実際に転職活動をする際に、どんな企業でも魅力的です。そんな状況になってしまうと、どこを選んだらよいのか判断が難しくなり、判断を間違えてしまいかねません。ヘタをすると、最終的には一瞬で嫌になってしまうこともあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引先を見る事です。良い企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、確認しておいて損にはなりません。また、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 転職時の面接では面接担当から「転職の理由は何ですか?・・

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。人事担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、聞かれることは間違いありません。そのとき、いくら正論だと思っても、過去の職場の「人づきあい」「働く環境」に関しての不満を絡めた回答は、可能な限りしないことをお勧めします。というのも、此の様な内容の話は、採用の可能性を逃してしまうことになりかねません。面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが正義なので、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のように仕事に対して前向きな受け答えが担当者の心証はよくなります。
  • 転職することを予定しているのなら、直近の仕事・業務での納得いかない部分…

  • そのうちでも転職することを予定しているのなら、今現在の仕事や業務の何に不満があるのかを明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも転職したい、と考えるのは分かります。しかし「いまの職場・業務の満足できないことを書き出す」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次にもしも転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのはできます。
  • 派遣社員であったとしても、1年ごとに好きな時にすぐ退職できるわけではないこと・・

  • 派遣社員であったとしても、1年ごとに自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと転職活動を通じて理解しました。私は結婚し、生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、それまでの期間のために数年くらい今の会社で続けられれば良いなと思い就職しました。派遣社員ということもあり、正社員より給料は少なかったですが、やはり「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかしながら、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどが派遣社員として10年~15年くらい勤務しているというのです。なので派遣といえども、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。
  • 転職の面接で必要なビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動…

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色合いに関しては、新卒の就活の際にに準じているカラーが良いです。ということは、黒とか紺色といったダークなカラーになるわけです。それが、再就職であっても、着ていくビジネススーツのカラーに関してはこういった落ち着いた色がほとんどで、黒色や紺色以外の色の転職者はほとんどいません。あえて言うならば、グレーを着ている方がわずかにいるほどで、ほとんどが黒系や紺系が多数派なのです。ですから、人事担当の方からも黒や紺色であるほうが違和感なく感じます。ですから、第一印象という面ではぜひおすすめします。
  • 転職活動をしている最中は、なにはともあれ常にあなた…

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、まず何よりも自身の内心が静かであるということを大事にしましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職の活動をする場合はたいして気にしなくても良いですが、退職してしまってからする際は、人というものは心のうちが焦りが出てしまいます。そのため、慎重に活動を続けましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、思い描く理想の職場などをハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場との合致しているかを徹底的に見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。