転職エージェントに一旦登録すると、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

  • 転職サイトに一度登録すると、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。このことに対して初めて利用した人は非常に驚くことが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事なので、とても積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは、転職を成就させると企業側から報酬がもらえる仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多かったりします。その上彼らは、成約数を増やしたいがために内定を得た瞬間に、入社の説得をしてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように要注意です。

  • 再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくだ…

  • 再就職の面接においてクールビズ可とと言われることがあります。ですが、なかには、クールビズで面接に行くのは駄目なのでは?と感じてしまいます。クールビズに関する迷いを懐に感じている方々に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われているのであれば、書かれていることを実行したほうが不安要素がないです。混乱して、暑い時期にスーツをびしっと着る格好をすると暑苦しいと思われます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで構わないのです。

  • あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」のように・・

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。ネット社会の今では求人情報サイトをうまく活用すれば、国内のどの地域の求人も手軽にアクセスできるようになりました。ただ、郊外や地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、それがマイナスといえます。といった問題があるので、求人情報サイトを使用するのは当然ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。

  • 転職前、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると状況が悪くなる可能性があります。

  • 転職することを、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の状況が大きく変わるおそれがあります。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。また、残業時間を意図的に増やされることもあるので、むやみに「転職します」と口にするのは注意が必要です。上記のようなトラブルを回避するためにも、いまの職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで維持したまま、会社を退職できるはずです。さらに、円満に退職できたなら、転職後に、あなたが何かあったときに相談できるはずです。規模や業種に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりは大切であるため、辞める際のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば受け取れると考えている人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が非常に多いですが、それは誤解です。実は、失業保険の給付を希望通りにもらうためには、仕事探しを行っていなければならず、それに加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期で担当者に求職活動の状況を報告して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。仮に、「この人は就職活動をしていないぞ」と見なされたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席した場合は、アッサリと給付が一時停止となったり、その後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために十分注意しましょう。

  • 職を探すのに、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

  • 転職において、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する、という方法もあるのですが、あなたがその種の業者に登録して新しい仕事をゲットできたとしても、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。これと違って、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらって就職したときは、就業用の準備金として「一時金」を受け取ることができます。ネット上のエージェントは、私的機関です。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。踏まえておかないと、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、注意が必要です。

  • 昨今では、株・不動産投資などといった不労所得のほ…

  • この頃では、株・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人経営 、起業等、そういったような移り変わりに伴い、「会社員の道こそが正義」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代の際には、将来的に不安定な個人事業という生き方よりも組織の一員であるほうが賢明であり、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認識されてはいました。そのような時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」という風にも表現されています。機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

  • 将来的に、私たちの労働環境において確実に考えなくてもできる労・・

  • 私たちの労働環境は、今後一段と簡単な作業は機械に差し替えられていきその変化によってそういう仕事をする労働人口は削減されます。そのワケは、短絡的な労働という観点では人間以上に機械のほうが数段にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ作業をリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。人間とは違って愚痴を言わないし、疲れることがありません。また、誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。また、「人件費」が発生しません。なので、人を使う理由が無さすぎるため、機械に移行していくのも当然の流れなのです。

  • 転職期間中は、無意識のうちに時間が有り余っているため、…

  • 再就職先を探している間は、ついつい時間に余裕があるため、だれた生活になりやすいですよね。だとしても、そうした過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜかというと、緊張感のない、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも問題が出てくるからです。気づけば、仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。このように、負のサイクルができてしまい、再就職先を見付けることが困難になってしまいます。再就職先を決められないのは、給料を最優先に考えるからです。給料を最優先に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を始める為にだらけきった生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師は職業としてやっ…

  • 看護婦と言われていた看護師というのは仕事としてどうしてか女性比率がかなり大きい職場です。しかも、気力あるいは体力のひどく消耗が激しい特徴もあります。とうぜん職場の対人関係が上手くいかなかったり、結婚・出産といったそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい職業といえます。実際、そういった問題によって職場を変える人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。常にどの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、さらに転職に拍車を掛ける原因の一つなのかもしれません。