転職を考えている時にチェックすることになる募集内容に関しては、…

広告
弁護士法人みやび 退職代行

職を変えようと考えている時に閲覧することになる募集事項・・

転職をする際にチェックする求人情報に関しては、だいたいのもので載せている可能性があります。ですから、記載されていることは正確なことだとは思い込むのはやめておいたほうが賢明でしょう。中でもとりわけ報酬面においては、全社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高値なのか?というようなジャッジができないことが多く、自分で適当に読み取ってしまうと、後から嫌な思いをする可能性もあり得ます。そういった訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人に記載されている情報は参考程度に考えて、そのようなとても大事な事は会社側に直接聞くのがよろしいです。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、一定の・・

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているなら休み方やシフトの出し方についてはあらかじめチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、以前わたしは産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った人が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私もそう思われていたみたいです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「日曜日に休みたいのです」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い出す度、よく我慢したなと思います。

全くの初挑戦となる業界などに転職したいと考えているときには…

経験したことがない業界などに転職したいと思っている場合には、自分が前の職場で養われたスキルや今まで経験したことを発揮できるという内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業種の場合、経験のない分だけその業種で勤務したことがある方よりも正直、不利になりますけど、自分が保持しているスキルがその場でも発揮できるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦えるケースも多くあります。ですから、経験が全然ない分野に飛び込む場合は、その業種と今まで自分が経験してきた職務との関係性をできる限り探し出してみましょう。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何回も来ます。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が何回も来ます。これについて初めて利用された人はとても驚くかもしれません。転職エージェントは転職させることが目的とされるので、非常に積極的にかまえています。中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬が支払われる仕組みであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。また、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たすぐ後に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自身の希望や意思を明確にしておき、転職に妥協しないように心がけるようにしましょう。

転職活動で間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて面接のときに必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。例をあげれば待遇に納得できないことや、人間関係の問題など、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、自分が不利になることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、かなり慎重に質問してきます。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そしてさらに、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社に応募しました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

その昔は看護婦と言った看護師というのはどうしても女性比率がたいへん高い…

看護婦と呼んでいた看護師というのは女性比率がたいへん高い職種です。厳しいことに気力それに体力への大きく消耗が激しい特徴もあります。ピリピリした現場になりやすく、対人関係が上手くいかなかったり、結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業です。実際、そういった問題によって転職する人が多いというのも事実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に変わらず継続しています。ずっと、各病院は、看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれ・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、ちょうど年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やはり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでかなり前の職場に対して失望しました。

ここ最近の労働背景の変移に当たって、働きざかりの世代の・・

このように特に昨今の会社や企業の雇用形態の激しい変化に関して、社会人の中で若い世代ほど注目度が高いといわれています。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。ですから、就業者といった層の「流動化」が顕著となっているので、より今後、世代に関わらず転職の関心度が増えていくのでしょう。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、転職することは当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、転職者にはそのことだけで良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人もありました。しかしながら、時代も変わり今勤めている職場に執着する必要は段々と薄れてきています。

転職活動を行う際は、常に自身の内心が落ち着いているということを…

転職の活動をしているときは、まず必ず心のうちが落ち着いているということを大切にしたいものです。働きながら転職をする活動をするのであれば、それほどには気にしなくても良いとは思いますが、退職後にする場合にはやはり心のうちが焦りがちになってしまいます。そういった点を理解し、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと見極めていきましょう。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は要注意です。これは、私が体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で料理店(レストラン)で働いていた時期がありました。その飲食店での仕事内容は、そのお店で担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにとても悩まされました。ということが引き金となって職場を去ることにしたのですが、それと同時に、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌いになってしまい、よく似た店にはしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり尋ねる必要がありそうです。