転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理による現政権によって・・

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。安倍総理による現内閣によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までとは違う変化が出つつあります。そのような変化の中で、民間企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会問題化しつつあります。将来、外国人労働者を高めていく前提と現政権は宣言しています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした変化によって国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。

  • 転職活動にあたって然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「服装」は、気になるところだと思います。しかし、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いでしょう。会社の創設してすぐの歴史のない企業ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をしたほうが、印象が良くなります。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすいのもメリットといえます。そして私服なら、時には面接時に服装の話題に発展しやすいので、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。というわけで、これから転職は会社の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。会社を辞めて転職活動するときは、毎日悩んだように思います。数年で会社を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で学び、いつの間にか悩みは消えていきました。また1度、転職を経験したことによって徐々に肩の荷が下りる気持ちになり、自分に適した仕事を探すことが出来て前向きに過ごせるようになりました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」というような転職を否定する意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の場合は転職してみるも大事だと思いました。

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのな…

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は働いている企業側が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。なお、支給される「失業手当」の金額については、最後に働いた月の直近の給料を基準に手当の額を計算されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣として働く会社が決定しました。仕事の初日に営業を担当している人と会社の近くのコンビニで合流することになっていたのですが、なぜか約束をした店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思って店の中に入っていくと、担当者は大胆にも雑誌のコーナーで座り込んでいかがわしいグラビアのページを開いて読んでいました。こんな人に担当されるなんて絶対に無理だと思って、声もかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出て即刻派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

  • 転職の際に欠かせない企業での採用面接での勘違いしている人が多いのです・・

  • 転職の際に外せない会社の面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりしていると、それがそのまま逆効果になる可能性があります。そうなる前に例に挙げるならば面接の際は「ボーナス」などの、普通はかなり質問しにくい内容を思い切って尋ねておいた方が、確実にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけと質問をすると、面接で響くのではないか」と不安がるかもしれません。ところが、意外なことに、マイナスに作用することは少なくないようです。こういったお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。しかし、多数の人が気を遣いモジモジして質問できません。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「ほかの人とは違うな」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 女性の転職については、一昔前と現在とは若干、状況が変わりつつあります。

  • 女性が転職する際、今現在とセクハラが問題視される前では少し変化が見受けられます。以前は、結婚の予定や結婚後の仕事などのことに関して、質問されることが多くありました。ですが、現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない企業、が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、かなり神経質になっています。しかし実際、会社側は、〇か×で返答するのではなく、その女性の姿勢、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っています。あなたの考えをわかってもらうためにも、自己PRや志望の動機と一緒に伝えることで、相手方の疑問も解消できると思うのです。というワケで、質問されていない箇所もこちら側から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしてみると良いでしょう。

  • 新たな勤め先でそれまでに身に付けた能力をフル活用できれ・・

  • あたらしい職場でそれまでに身に付けたスキルが生かせれば、即戦力として扱われ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。また雇い主としても即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、うまく事が運びやすいといえます。それに加えて以前の仕事と同じ業界であれば転職はかなり楽になるでしょう。とはいえ、それなりに実力があるといっても大手の事務仕事や、公務員といったジャンルは、今も昔も相当な難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

  • シフトの仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人…

  • これはシフトの仕事についての話です。特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際にチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜ける人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が「土日」に必ず出れる人だったので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと本当に腹が立ってきます。

  • クールビズの格好をして転職の面接場に出向く場合、ジャケットに関して・・

  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットは着なくても良いと言えますけど、ネクタイは着用していったほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイはなくても良いと認める会社もある確率もあるにはあります。ですが、ネクタイはクールビズであってもしなければならないと思っているところがいくつか存在します。そのため、例えクールビズ(軽装)の恰好でもネクタイにおいてはしてから行った方が安心であるということをお知らせしておきます。