転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀の金融政策ともミックスされて、財界・企業間でも今までとは違う変化が具現化されてきています。その余波を受け、民間企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。ちなみに、「外国人労働者」の割合を増やしていくつもりでいるであると現政権は宣言しています。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職といった事情にも、大きく変わっていくはずです。

  • 転職活動にあたって相応の準備が必要となります。

  • 転職活動にあたって然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「ファッション」は、大事な部分だと感じてしまいます。ですが、近年の面接では、私服で大丈夫な会社があるので、ビジネススーツを着込んで面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の創立間もない企業などは、フレクシブルな考えなので私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、フランクに話ができるメリットも。さらに私服だと、面接中に、洋服の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ですので、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職することになりました。

  • 新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職することにしました。はじめは長い間悩んでいましたが、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多数の人が転職をしていることを転職活動をしていく中で理解し、自然と将来の不安がなくなりました。なにより1回でも転職をすると何か、肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が見違えるように変化しました。やはり「最低でも5年働いた方が良い」というような考えの方も、もちろんいますが、それが全て正しいとは思いません。私は転職を決断して良かったと思います。

  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら…

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は勤めている会社でしっかり「雇用保険」を払っているのなら、必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れることもあります。このとき、もらえる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料を軸に算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 派遣先の会社が決まりました。勤務初日に派遣会社で営業を担当している…

  • 派遣先の会社が決定しました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当の人と派遣先の会社近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、どうしたことか約束した店の前にいないから中にいるのではないかと思って店内に入っていったら、彼はあろうことか雑誌売り場に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開けて見ているのを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて我慢できないことと考えて、そこで声をかけずこっそりとお店を出て即刻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

  • 転職活動中の面接で多数のひとが思い違いをしているので…

  • 転職の際に必須となる会社での面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいとあからさまな猫かぶりは、正直に言って不採用となる可能性が高いです。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「育休」といったような、多数の人がかなり質問しづらいことを勇気を持って率直に訊いておくと、確実にあなたのためにもなります。実際には「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に採用されないのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、しかしながらマイナスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。こういった実は面接時に誰もが聞きたい事項ではあるのに、その反面、面接応募者の多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれども、あえて踏み込んでおいたほうが、「ほかの人とは違うな」と思わせることができます。

  • 女性の転職において、一昔前と現在とは少し状況に違いがあったりします。

  • 女性の転職に関しては、今と一昔前では若干、違いがあるようです。前までは面接の場で、未婚者なら結婚の予定などのことに関して、一般的なこととして女性に質問していました。ところが、今は「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業の方が多くなっています。名の知れた大企業の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。が実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その人の価値観結婚後も働きたい、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思っています。自分の価値観を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに話すことで相手側にも認識してもらえ、安心できると思います。ということで、たとえ、質問されていない箇所もあなたの方から率先して答えておくのが良いです。

  • 新しく就いた仕事でそれまでに身に付けた資格やキャリアを活用できれば…

  • 新しく就いた仕事で自身のこれまでの能力を発揮できれば、即戦力として扱われ、すぐに職場にも馴染めるはずです。それはつまり雇い主としてもそのような人材は常に必要なので、時期さえあえば、そんなに難しいことではありません。しかも、かつての働いていた仕事と同じジャンルであれば見通しは十分にあります。但し、即戦力となるスキルがあったとしても大手の事務系の仕事や、公職については、時代に関係なく、相当な競争率となるのは違いないでしょう。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、特定の・・

  • これはシフトの仕事に関する話です。特定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については前もってチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、本当に腹が立ってきます。

  • クールビズの格好で再就職の面接会場に行こうとする場合…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向くときには、やっぱりジャケットまでは着込まなくても良いと断言できます。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いと思っている企業もあることはあると思いますが、ことネクタイに関してはクールビズであってもすべきだとしている企業がいくらかあります。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイだけはしていく方が悪い印象を与えないということは知っておいてそんはありません。