転職のために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

この前人材会社に登録に行きました。

先日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングをしに現れた担当の方が見たところ新入社員みたいで、私が説明した話の50%ほどもその社員は理解ができていない模様。それに加えて「キャリアデザインが物足りないですね」とか「自分の強みについてもっと知っておく必要性があります」とか、カウンセリングの専門家であるかのように横柄にのたまうからとても不快な気分になりました。カウンセリング担当者はある程度社会人経験がある方にするべきです。

転職の面接を受ける時につけていく腕時計のことなのですが…

再就職する時に行われる面接で使う腕時計に関しては、明らかに目を惹くタイプの腕時計は着用をやめた方が安全といえます。目立つ腕時計を詳しく言えば明らかに高そうに見える腕時計とか、真逆で安っぽいものの印象を与えるとか、そういう目を惹くということで真反対で目を惹くのだと捉えておいてください。面接のときにつける腕時計においてもポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえ面接するにふさわしい無難なものを身に付けるほうが悪い印象にはなりません。とはいっても、自分の年齢にあった腕時計であるということもとても重要で、新卒の時に面接で準備したものよりはわずかでも値段が高い腕時計にした方が好ましいということははっきりと断言できます。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。けれども、忙しく仕事をしながら求人を見つけて応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にもハードといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接が決定した後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、自分で直接、応募した場合でも、相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておく必要があります。

転職を考えている時に注視する求人内容についてはだいたいのもの…

仕事を変えようとしようとしている時に気にかける募集内容に関しては、おおまかなものとして記載されている確率があります。ですから、情報として書いてあることを100%正しいものだと思い込むのはやめておいたほうが賢明でしょう。その中でも特に給与面に関しては、平均的な額なのか?最低限なのか?一番高い給料なのか?という判断ができる人は少なく、勝手な判断で読み取ってしまうと、後から後悔する可能性も少なくはないのです。ですから、嫌な思いをすることになる前に、求人に書かれている情報は参考程度に考えて、そういったような情報は直に確認した方がベストです。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が欠かせません。

転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。企業のほぼすべては履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大事といえます。単に文字を書きさえすればいいというわけではなく、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細と、自己アピールをしっかり記載します。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分の価値を高められるようにうまく活用することも転職を成就するための有効な方法です。

仕事を変えた際には、高い確率で以前の仕事は記憶は大方、美化されます。

転職した際には、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事のほとんどは美化された記憶となります。実を言えば今の会社に向いていないと感じたから、そういった思いを解決するために新たな仕事に就いたのに、いつしかなぜか転職した会社よりも「前のほうがよかった」と思ってくるのです。というのも極めて当然のことで、以前の職場では仕事の勝手がわかっているのですんなりと日々の業務ができていたからというのが一番の理由にあると思います。けれども「退職なんてしなけりゃよかった」と真剣に後悔するほど、過去の会社のほうが職場環境や仕事に対してやりがいがある可能性もあるはずです。

今まで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

以前の私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。というのは、大きな「転職サイト」は、システム上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの転職活動をする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、掲載されている多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着という点では都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と先入観を持っている方も多いかもしれません。思いもよらず、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」のようなこれでもかというくらいの電話やメールもありません。

再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を渡された場合…

転職の面接などにおいて名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手側に渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、一般的には渡す必要のないもの、と考えておいてください。転職のための面接は仕事の一部ではなく、就職活動内のことになるのです。ですから普通一般的には名刺を交換する時とは違います。さらに、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。ですので、もし相手側から名刺を渡されても、あなたは名刺を受け取るだけで大丈夫で、相手の方に渡す責任はないと考えられます。

『転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれば…

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が固いならば辞職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。しかし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられます。そして、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。退職したいことをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には辞められたのはその年の11月です。本来なら、年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。やはり職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、ほとほと職場に対して困ってしまいました。

再就職の際の面接は、零細企業だったらおおよそ「人事」が面接官です…

再就職のときに行われる面接というのは、小企業クラスの場合ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、それ以外にも実際、今後職場でかかわりの深くなる部署の責任者、平たく言えば課長・部長などの役職の人が面接をしてくれることもあります。その中でも事務系や営業系に転職する際は、資格などで具体的なイメージがないので、自発的に自分自身を売り込んでいくことがとても重要になります。面接担当者たちから「この人はしっかり自己主張するし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、記憶に残すことが大事です。