転職について考えた場合、転職先での給与について気にしすぎる人が…

広告
看護師の転職、人気ベストまとめサイト

転職を考える際、転職したあとの給与を気にしすぎる…

転職というものをする場合、転職先での給料を気にしすぎる人が案外多いです。とうぜんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を得るために精を出しているはず。したがって自分自身の社会的な価値を知る値でもあるので当然大切に思うのは無理もありません。しかしながら、あまりにもらっている年収の額ばかりをとらわれすぎてしまうのも虚しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることがあるからです。

転職を考え始めたときに、現在働いている会社を完全に辞めて・・

転職活動をスタートするときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてから転職しようと考える方もいますが、そのような場合にはボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。ボーナスが出る企業は多く存在しますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスの支給ののがあとわずかだったら、支給日を過ぎてから辞めるというのも賢明といえます。ボーナスは結構大金なので、もらわなきゃ損ということも考えることもできるでしょうから、転職しようと思ったらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確認するのを怠らないようにするのがボーナスをもらうのを忘れないと思います。

とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。2、3日して…

とある古物商のお店で、書類審査に合格したので、先方から、面接日時を教えてもらいました。当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どうしてか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待つと、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、呆れるほどだるそうな対応の状態のままひとまず面接が終了しました。でも、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なので仕方がないので改めて連絡をしたところ、「残念ですが不採用です」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく何も言えませんでしたが、正直、採用されなくて良かったと感じています。

転職ならば、むろんやりがいのある仕事をすることも大切だけ…

転職先を選ぶ際、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だけど加えて手取りが増えることも大事なポイントになるので「年収サイト」というところに登録をして今いろいろ研究をしています。同じ会社で同じ職種、社歴なのに人によってとても違いがある場合も数多くあり、正直なところ面接の時質問したことがあります。面接官も一緒のサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた人について誰だろうとある程度予想がついてるんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

転職する際、今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

転職をするために現在勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの都合で退職願を提出して退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには給付されず手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして退社した日の翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの職員さんと大声でやりあっているのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けたのち即座に失業保険が給付されます。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加するとすごく勉強になります。

転職先の会社見学は、たいへん参考になります。また、「職人」がいる会社見学は、職人技を間近で見られるので楽しめます。でも、「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、日常の現場を見せることがまずありません。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のプライドも高い業種なので、入社した後でないと、実際の姿はわかりません。ですから、見学内容イコール仕事現場、と考えないことがとても良いです。ましてや、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はかなり問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階ではもし問題が起きたとしても、それに対する保障がないので、仮に、勧められてもやんわりと断るほうが良いでしょう。

現在のあなたの職場や業務の中身について不服に思っていることの中に、…

現在の自らの職場や業務の中身について何かしらの不満があるはずです。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してもらえない」よって、「報酬は変わらないし、将来的な出世もまったく期待できない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自分の本来の実力を実際よりも過大評価してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と仕事をしない期間が長くなることになりかねません。可能性が少なからずあります。ですから転職を効率的にしていくためにも、自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会・・

昔から”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在の社会では「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。ただ、誰もが簡単に転職できる簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職しようと考えるなら、まずは良い時期を図る必要があります。まず、今やっている職場、仕事内容について、不服点を10個、少なくても最低5個は探しておきましょう。そうすることで、再就職がスムーズになるはずです。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、できるだけ手早く、今よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えてきました。「特許」を出した経験のある人は、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を書いた実績のある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。会社に在籍中に、ヘッドハンディングのような話をされた際には、そのような心当たりを考えましょう。たまに、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を払わせようとする会社がありますが、その手の輩はたぶんイカサマなので、騙されないように気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が負担するものではありません。

長期間接客関係で働いてきましたが、年齢を重ねると共に…

長年接客関係で働き続けてきましたが、年のせいか立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを頭に入れて活動しました。事務未経験の場合少々厳しく、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も獲得して個人の病院に転職をしました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係も複雑。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰宅時間が遅くなったのですが、とりあえずはキャリア形成の時と割り切って頑張ります。