社会的な転職事情ですが、今の安倍政権下では「アベノミクス・・

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業間でも新しい変化が増えつつあります。そういった変化が加わったせいか、民間企業では、今度は労働人口減による「人材不足」が根深い問題となっています。また最近では、外国人労働者を増やしていくつもりでいる前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、変わっていくのは間違いないでしょう。

転職する場合、それなりの準備は必要不可欠です。

転職活動には、然るべき準備をしておく必要があります。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に映る「ファッション」は、重要なことだと感じてしまいます。…が、最近の採用面接に関しては形式ばらない服装がOKな企業があるので、スーツを着込んで面接に臨まなくても良いケースもあります。創業して間もない企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。そして私服だと、時には面接時にファッションの話題に発展しやすいです。ですから、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今から転職する際は、企業の「創業年数」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

新卒として入った会社を辞めて、転職すると決めました。

新卒採用で入社した会社を辞め、一歩踏み出して転職すると決めました。はじめはとても悩み、辛い気持ちでした。しかし、数年で会社を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で学び、無意識のうちに安心しました。1度、転職を経験したことによってなんだか肩の荷が下りたような感覚になり、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が楽しくなりました。いまだ「辞めずに続けることが普通」という意見も多々ありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私の場合、間違ってなかった、と思っています。

年内中に転職活動をしていく人で、次までの仕事にある程度期間がある方は…

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は勤めている会社側で「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすればだれでももらえます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は3か月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の額は、最後の月の給料をもとに失業手当の金額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

派遣社員として働くことになりました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務開始の日に派遣会社の営業の担当者と勤務先の近くのコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、どういうわけか約束したお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら営業担当者はこともあろうに雑誌の所に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて見ているのを発見!こんな担当者の仕事なんてまっぴらごめんだと思って、そこで声をかけずコンビニを出て速攻派遣会社に辞退すると連絡をしました。

転職の際に欠かせない面接で多数の人が考え違いをしているのです…

転職を成功させるための面接では、してはいけないのは採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫かぶりをすることです。すると正直に言って逆効果になる可能性があります。そうならないために思い切って面接の際は「給与制度」など、多数の人がかなり聞きづらいことも思い切って率直に訊いておいた方が、最終的に確実に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でずけずけとそういった質問をすると最終選考に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれませんが、ところが、意外とプラスの結果になることは結果的には可能性が高いといいます。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」と格好の自己アピールとなるのです。

女性が再就職する場合、数年前と今現在とは少し違いがあります。

女性が転職するに当たり、今現在と一昔前では少し違ってきている点があります。過去には、既婚者なら出産の予定などについて、ごく当たり前に女性に質問していました。しかし、今ではこういったデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問には神経を尖らせているようです。ただ実際、会社側としては、YES・NO、ではなく、その人の生き方、結婚後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自身の価値観をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて話すことで会社側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思います。ですので、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの方から気を遣って話をしてみると良いでしょう。

転職した会社でそれまでの資格やキャリアをフル活用できれ・・

転職先であなたの過去の実力をフル活用できれば、即戦力として見なされ、早々に職場にも馴染めるはずです。人を募集している会社側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえあえば、そんなに難しいことではありません。それに加えてこれまでの業務内容と同じ仕事なら転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、即戦力となる実力があったとしても大手の事務職系や公務員などは、今も昔もかなりの競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日…

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休む手順については、確認しておきましょう。それはどうしてかというと、前に私は産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前任の女性が「土日」に必ず出勤することができたので、私もそういった形で扱われたしまいました。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフト変更の必要があり上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみるとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接会場に行こうとする際には…

クールビズ(軽装)をして再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットまでは着なくても安心であると言えますけど、ネクタイは着用して面接を受けたほうが好印象を与えてくれます。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だとしている企業もある場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズであろうとつけて行く必要があるとしている企業がまあまあ存在します。という事で、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイにおいては必ず着用から行った方がベストであるということを伝えておきます。