最近パソコンを使えばインターネット上では、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するも…

この頃パソコンで調べればネットで見られる世界ではいわ・・

  • 近頃スマホを見ればネットのエリアには、「転職サイト」と呼ばれるものが数限りなくあったりします。その多くのサイトから自身が欲している転職先と思えるのを見つけるためには、まず、情報が大事ですから収集から始めましょう。こんな「転職サイト」をきっちり利用することでよりスムーズな転職が実現します。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、信用に足るサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。
  • 転職というものを考える際、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、…

  • 転職を考える際、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、とてもいるようです。ほとんどの方は、だから生活費を給与として稼ぐべく精を出しているのはずです。だから年収は自分の社会的な価値を知る値としての側面もあるから大切なものとして扱うのは至極当然です。しかし、必要以上に年収というものばかりを固執しすぎる人生というのも人生を損してしまう気がするでしょう。年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。
  • 求人に関する情報を見る際、事務系の仕事がしたいからと、…

  • 求人に係る情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業をあまりチェックしていません。そんな人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。事実、製造業での求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する仕事が結構多くあります。ただ、製造業がある場所はビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうだとしても、自らの執着をなくすことでよく考えた方が良いですね。
  • 全くの未経験である分野などに職を移そうとするときには…

  • 全くの未経験である業界などに転業を行う際は、前の仕事で、自分が培ってきた能力や今までの経験が生きるという自己アピールが必要です。未経験の業界の場合、経験のない分だけその分野で働いたことがある人よりも正直、足りない部分はありますが、自分自身が保持しているスキルがその業界でも生かすことができるということをうまく相手に伝えれば、戦うことができる場合も十分に考えられるのです。なので、未経験である分野にチャレンジするときには、その業種と自分がこれまでやってきた仕事との関連をできる限り見つけ出してみましょう。
  • 看護師という職業の人のそれと違う職に転職を決断する理由は…

  • ほかの職に「転職しよう」と思う理由はその人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師でありながらの転職するには「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで配偶者のこともあって子育ておまけに親の介護など、仕事環境のいろいろな変化など、これまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の給料に不満がある」というような問題が考えられます。ですが、転職を実際に決断するまえに、転職したいと、改めて時間を掛けて再度、現状認識をしてみることも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。
  • 今と違った企業につきたいと転職で活動しているときの場…

  • 違った職場に入りたいと転職で活動しているときの場合は「少しでもはやく内定を手にしたい」と考えがちです。とはいえそういう気持ちで内定通知ほしさのばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、その反対に自分を安売りしてしまう行動はなるべくしないでください。焦る気持ちをグッとおしころして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を見極めましょう。
  • 派遣会社に登録し、働く人が最近では多くなってきています。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が近時増加する傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかをできる限り面接の際に質問しましょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその対価として手数料をもらう仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、ひどいケースでは、3割しか労働者に還元しないという場合もあるのです。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できるならそこでの登録はやめておきましょう。
  • 転職する場合、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、…

  • 転職時は、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の復讐によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる視点から見れば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。あるいは、実際は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、急いで火消しをしよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルに遭遇する可能性が高くなる、といえるでしょう。何より、良い会社には煙なんて立ちません。
  • 現在の勤め先・仕事内容について不満に感じていることの中に…

  • 今現在の勤め先・仕事内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の能力(スキル)を適正に評価してもらえない」または、「年収のアップも、将来昇格する見込みもない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自身の能力を「過大評価」してはいないか、改めて確認することが不可欠です。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、再就職先がまったく見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから転職活動をスムーズに行うためには、「本来の自分のスキルや能力」を冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • 再就職する際、とても重要となるのが「面接」というものです。

  • 転職する際、とても要となるのが間違いなく「面接」です。普通の面接の場合は面接担当者が当人に対して転職の動機や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当の人から「我が社について何か疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張して何も聞けずじまいになる可能性もあります。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも前もって面接担当者からの質問に対し、聞きたいことを準備しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。