最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間では次の世代の変化が出つつあります。その余波を受け、民間企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会では大きな問題となっています。なお、「外国人の労働者」の比率を高めていくであると安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

転職にあたって然るべき準備は必須です。

転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見える「服装」は気になるところだと思います。けれども、昨今の、企業面接に関しては私服で良い会社もあるため、スーツで面接に行く必要はありません。とくに会社の設立してすぐの企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、相手先に印象をあたえます。そして、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。そして私服だと、面接のなかで、洋服について、相手との話が広がる可能性もあるため、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、面接にトライするなら「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職しました。

新卒で入社した会社を退職し、転職した経験があります。実際に行動する前は、しばらくの間不安で悩みました。しかし、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、沢山の人が転職を経験していることを自らの転職活動で理解し、無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。また1度、転職を経験したことによってふしぎなことに精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を再確認できて楽しくなっていきました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の場合、転職を経験して良かったと思います。

これから転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら必ず「失業手当」をもらっておきましょう。働いている会社がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合や残業時間によってはただちに貰える可能性もあります。このとき、支給される失業手当の金額は最後となる月の給料を基準に失業手当の金額を割り出されるので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

派遣での仕事が決まりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当の…

派遣社員として働く会社が決定しました。仕事の1日目に営業を担当している人と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、どうしたことかコンビニの前にいないから店の中に入ってみたところ、彼は驚くことに雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて見ているところを発見しました。こんな担当者のお仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと感じ、そこで声をかけることなくこっそりと店の中から出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

転職候補となる会社での採用面接でのよく思い違いがあるので・・

転職のための面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと必要以上に猫をかぶることです。すると残念なことに不採用に直結してしまいます。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「育休」など、普通ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って質問しておくと、確実にあなたのためにもなります。実際には「面接の段階でずけずけとそういった質問をすると面接で採用されないのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。けれど、意外とプラスの結果になる直結するといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかし、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

女性の転職については、今と数年前では若干の違いがあったりします。

女性の再就職については、今と一昔前では少し違ってきている点があります。かつては、結婚と出産の予定の有無など、質問していました。しかし、最近の動向としては、こういった内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。とりわけ大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。しかし実際、会社側としては、はい・いいえ、の2択でなく、その女性の人生観、結婚した後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思っているものです。自分自身の考えを伝えるためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に伝えることで、会社側のモヤモヤも解消できると考えます。というワケで、聞かれていない部分も、あなたの方から気を遣って答えておくのが良いでしょう。

新しく就いた職場でそれまでに身に付けたスキルを活かせられれば・・

再就職先で今までに培われてきた能力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から迎えられ、じきに職場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている会社側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ問題なければ、難なく採用されるでしょう。それに加えて過去の業務内容と似たジャンルなら転職は非常に容易になります。そういっても、まずまずのスキルがあるといっても一流企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世でも中々の競争率となるのは間違いないでしょう。

「シフト制」の業務についてです。

シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法についてはあらかじめ確認しておくべきです。以前に私自身が、産休で休む人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が土日は必ず出勤できる人だったので、私も同じタイプと思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い返すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

クールビズ(軽装)で転職の面接場に出向くときには、いくらなんでもジャケット・・

クールビズのスタイルで転職の面接に臨む際には、いくらなんでもジャケットは着て行かなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが良い印象を与えます。ネクタイに関してもなくてもOKだと認めている会社も存在する可能性はあるにはありますが、ネクタイにおいては例えクールビズであっても身だしなみとしてすべきだと決めているところがある程度存在するわけです。という事で、クールビズと言われていたとしてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が安全だということは知っておいてそんはありません。