最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 社会的な転職事情ですが、安倍総理による現政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策共々日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界や企業間では今までとは異なった変化が出つつあります。そういった変化を受けたことで、一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。将来的に「外国人の労働者」の数を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく状況も変化していくのは間違いありません。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要不可欠です。

  • 再就職する場合、それなりに準備をしなくてはなりません。特に目に見える「ファッション」は重要だと感じてしまいます。とはいえ、近年の面接に関しては、形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ビジネススーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。とくに創業してすぐの歴史のない会社ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。正装でないので、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに、私服を見せることで面接時に、服装の事で話題が広がることがありますから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、これから転職する際は、企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、転職することになりました。

  • 新卒で入社した会社を去り、一歩踏み出して転職をしました。実際に行動する前は、とても悩んでいましたが、でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを私自身が転職したことで知り、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。1回転職をすれば、なにか体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」を優先できて楽しくなりました。やはり「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような考えの方も、もちろんいますが、それが正しいとは限らないと感じました。私自身、転職してみるも大事だと思っています。

  • 年内中に転職活動を始める際、次までの仕事にある程度期間がある・・

  • 今から転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら、忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当てはあなたが働いている会社側が「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、働いている会社都合や残業時間によっては即、受け取ることが出来たりもします。このとき、「失業手当」の額は、会社の辞めた月の給料を基に失業手当の金額を算出されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の最初の日に派遣会社の営業担当者と派遣先の近くにあるコンビニで合流する予定だったのですが、なぜかコンビニの前にいないので店の中にいるのではないかと思い店の中に入っていくと、営業担当者はなんと雑誌コーナーにしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当者の仕事なんてまっぴらごめんだと思って、挨拶することもなく気付かれないように店の中から出てすぐに派遣会社に辞退すると連絡をしました。

  • 転職の際に必須となる面接に関して、やめておいたほうがよい…

  • 転職の際に外せない企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが露骨なまでの猫かぶりしていると、はっきり言って悪い結果につながります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接の際は「ボーナス」など、通常ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に聞いた方が最終的に間違いなく自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、最終選考に悪い結果になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。しかし、かえって面接官に良い印象を持ってもらえることは最終的には少なくないようです。このような実は面接時に実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。ついつい面接結果に影響するのを恐れ、普通は質問できません。しかし、あえて踏み込んでおいたほうが、「正直な人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

  • 女性の再就職において、近年と一昔前では多少の変化があります。

  • 女性が再就職する時、数年前とここ最近とでは少し変化があるといいます。過去には面接のなかで会社側から、「結婚観」や「出産後の予定」など、自然に質問されることは珍しくなかったのですが、今現在はそういった内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そしてまた、特に大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。けれども、企業側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性が、結婚した後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の考えを知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRの中に織り交ぜながら表現することで、面接官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると考えます。ですから、たとえ、質問されていない箇所もあなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。

  • 新たな仕事で今までに身に付けたスキル・キャリア生かせたとしたら…

  • 再就職した会社で今までの能力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。会社側も、そのような人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばそんなに難しいことではありません。しかも、かつての業務内容と同じ仕事内容なら見通しはおおいにあります。そういっても、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系の業務や、公務員は時代に関係に左右されることなく中々の競争率であることは間違いないといえます。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフトの仕事についての話です。一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や、休む方法の詳細をチェックしておいたほうが良いです。以前に私自身が、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として働き始めたのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返してみると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットまで・・

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接に行く場合、ジャケットはさすがに着て行かなくても安心であると言い切れますが、ネクタイは面接では着用しているほうが好印象です。タイはなくても良いと認める企業も存在する場合もなくはないです。ですが、ことネクタイに関しては例えクールビズが推奨されていても必ず着用しなければならないと考えるところがまあまああります。という事で、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイに関しては絶対に着用いく方がベストであるということを知っておいてください。