最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

政治によって変化の出始めている転職事情ですが、現在の安倍政権下ではアベノミクスや三本の矢で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策が日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間では今までとは違う変化が出つつあります。その変化の中で、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足がかなり深刻化しています。ちなみに、外国人労働者を増加させ人材確保に務めていくと現政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用・転職状況も大きく変わっていくはずです。

転職にあたって準備はやらなくてはいけません。

転職する場合、準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える「服装」は重要なことだと感じてしまいます。けれども、ここ数年の、企業面接に関しては私服がOKな会社があるので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に行く必要がない場合もあります。会社の創立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅いルールもないことが多く、スーツでいかないほうが相手に好印象を与えられます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。さらに、私服を見せることで面接時に、洋服について、話もしやすいですから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

新卒として入った会社を辞めて、決意を新たに転職しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。退職したときは、とても不安で悩みました。ですが、会社を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと自身の転職を通じて理解し、無意識のうちに気が楽になりました。なにより1回転職をすれば、不思議と体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しくなっていきました。なかには「一通り経験してから」という転職する行為を咎める意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断してよかったと心の底から思っています。

転職活動を始める際に次までの仕事に期間がある方は忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。

年内中に転職活動を始める際、次までの仕事に期間がある方はぜひ失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが働いている会社がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の会社都合や残業時間によってはすぐに受け取れることもあります。このとき、もらえる「失業手当」の金額については、会社で最後となる勤務月の給料をもとに算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

派遣先の会社が決まりました。勤務の初日に派遣会社の営業の担当の・・

派遣会社での仕事が決定しました。勤務初日に営業の担当の人と就業先の近所のコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、彼がコンビニエンスストアの前にいなかったので店内にいるのかもしれないと思い店内に入っていったら、担当者は驚くことに雑誌売り場の前に座り込んでいやらしいグラビアページを開けて見ているのを発見!こんな担当者の仕事なんて勘弁してほしいだと感じ、そこで声をかけずにお店を出てすぐに派遣会社へ辞退の連絡をしました。

転職のための面接で勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまで…

転職の際に外せない企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが必要以上に猫かぶりしていると、予想に反して逆効果になる可能性があります。ですから、例に挙げるならば面接時は、「産休」といったような、通常ならちょっと聞きにくいことも勇気を持って率直に聞いておくと絶対にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそういった質問をすることで面接で落とされてしまうのでは?」と危惧する人もいるかもしれません。けれど、意外と良い印象を持ってもらえることは少なくないようです。これらの労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、面接に応募した人たちの多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。それを一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。

女性の転職に関しては、今と一昔前では少なからず、状況に違いがあったりします。

女性の再就職において、今と数年前では多少の変化があるようです。前は面接の際に、「結婚観」や「出産後の予定」に関して、一般的なこととして女性たちに質問していたのですが、現在はそういった内容はセクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増えています。また、名の知れた大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。けれども実際、企業側としては、〇か×ではなく、その人が「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っています。あなたの人生設計をわかってもらうためにも、志望動機・自己PRとともに話すことで会社側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思います。そういうわけで、聞かれていないことでも、こちらから気を遣って答えておくとよいでしょう。

転職した会社で過去のスキル・キャリア生かせれば、即戦力と見られ…

新しい職場で、過去のキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるはずです。同時に会社サイドも、そのような人材は常に必要なので、時期さえうまくいけば、難なく事が運ぶでしょう。更にかつての仕事内容と近いジャンルであれば、転職すること自体すんなり行くはずです。しかし、それなりに実力があるといっても一流企業の事務系、公職については、今も昔も相当な難関ですから、楽観視は禁物です。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった・・

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、休む方法やシフトの提出方法については面接時にチェックしておいたほうが良いです。私は過去、出産のため抜けた人の代わりに正社員として入ったのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い出す度、よく我慢してやってこれたと思います。

クールビズをして再就職の面接場に出向く場合、やっぱりジャケットま・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に行く際には、やっぱりジャケットまでは着ていかなくても安心であるとわかるのですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくても良いと考える会社もある可能性はあります。ですが、ネクタイにおいては例えクールビズであっても必ず着用するべきだと思っている会社がまあまあ存在するわけです。そのような訳で、クールビズ(軽装)の恰好ではネクタイに関してはしていく方が悪い印象を与えることがないということを分かっておいてほしいです。