昨日転職先を探すために人材会社へと登録に行きました。

広告
一年以内に結婚

先日転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に向かいました。

  • 昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。そこでカウンセリングの時に現れた担当の人の雰囲気がどうも経験不足の社員のようで、私の話の3分の1もその社員はわかっていない感じでした。それにもかかわらず「このキャリアデザインではダメですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくべきです」等、何もかもわかっているかのように横柄にしゃべるからすっごく不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこカウンセリングの経験がある方にしてほしいと感じます。
  • 再就職の面接で使う腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプ・・

  • 再就職の面接で着用する腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ派手すぎる腕時計は着用しないほうが好ましいです。この場合の、目立つは高そうなデザインだったり、といった意味合いだけではなくその反対でチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くということで正反対の意味で目を惹くのだと考えておいてください。面接の際の腕時計においてはポジション的にはスーツやネクタイと同様の考えで、安全なものを選ぶのが良い印象を与えます。そうはいっても、自分の歳にあっている腕時計ということ大切で、新卒で受けた面接のときに着用していた腕時計よりはわずかでも高価なものにした方が転職の面接においては言えるでしょう。
  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。でも、忙しく働きつつ求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、それを同僚や上司に隠す必要があります。とりあえず応募するという方針の人もいますが、書類選考を通過し、面接の段になって辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを覚えておきましょう。
  • 職を変えようとしようとしている時に見る求人情報というのは…

  • 仕事を変えようとしようとしている時に気にかける求人内容については目安として、アバウトに記載されている、という可能性もあり得ます。そのため、掲載されている情報はすべて正しいとはあてにするのはやめておいたほうが良いでしょう。とりわけ給料の額などにおいては、平均的な値なのか?最低金額であるのか?最高値なのか?という判断ができない人はたくさんいて適当な判断でわかったつもりでいると、悔いが残る確率もあり得ます。という訳で、募集内容に関しては、目安だと思って、そういったようなとても重要なことは直接聞いてみた方がよろしいでしょう。
  • 転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。

  • 転職活動時には、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。ほとんどの企業は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されていることを考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大切なポイントといえます。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、内容を充実させることが大事です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書き綴ります。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるようにうまく活用することも満足のいく転職をするための有益な方法です。
  • 職を変えると、大体の場合、前職は多くは美化された記憶となります。

  • 仕事を変えた場合には、高い確率でそれまでの仕事での多くの出来事は美化されます。そもそも今の職務に合っていないと思ったから、そういった思いをクリアするためにやっと転職を決めたはずなのに、過去を思い返すと新しい会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じることは多いです。というのも極めて普通のことで、以前の職では日々の仕事をこなすことに慣れきっていて事もなく与えられた仕事もできていたのも一番のというのもあるでしょう。その一方、「退職などするべきでなかった」と悔やむほど、以前の仕事の方がやりがいも仕事に対してやりがいがある可能性もあるはずです。
  • 以前は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までは、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。理由は、有名な「転職サイト」は、システム上、都心部にある企業の求人しかないからです。であったので、転職をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、昔から地域に寄り添った企業が多く、探しやすい魅力があります。また、「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている方も多少いるかもしれません。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、もしも転職を希望しているのなら、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。
  • 転職の時の面接などの際に名刺を差し出されたとした…

  • 再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を渡してきた場合、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのか?と迷った場合は、一般的には差し出すことはないと覚えておいてください。面接においては仕事の一環ではなく、仕事を得るための就職活動の一環なわけですから、ほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは異なります。重ねて、会社の人間としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。要するに、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなたのほうはもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる必要はないと思います。
  • 『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本当ならは仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対してのなんだか呆れてしまいました。
  • 転職時の面接では、中小企業クラスの場合、概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが・・

  • 転職のための面接では、中堅企業クラスの場合、概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、それ以外の場合もあります。例を挙げるとしたら、ともに仕事をしていく現場の責任者、かいつまんで言えば課長・部長などの役職の人が面接することも決して少なくありません。その中でも事務・営業に再就職する場合は資格などという判断がしづらいので、自信をもって自分という人物をアピールするようにするべきです。面接担当者たちから「この人はしっかり自己主張するし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。