数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

広告
退職代行 薬剤師

先日新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社へ登録に向かいました。登録カウンセリングを行いに出てきた担当の人が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私の話の3分の1もその社員は理解できていない様子です。それなのに「キャリアデザインに問題があります」とか「きちんと強みと弱みを知っておくべきでしょう」とか、ベテランのように横柄に言うから非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事を経験している人にするべきです。

  • クールビズの格好をして再就職の面接場に出向く際に・・

  • クールビズ(軽装)をして転職の面接に行く場合、いくらなんでもジャケットは着込まなくても大丈夫だと間違いなく言えるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが印象が良いです。タイもする必要ないと認める企業もあるとは思いますが、ことネクタイに関してはクールビズであっても着用しなければならないと思っている企業がまあまあ存在します。という訳で、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が安全だということは分かっておいてほしいです。

  • 以前は、「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大きな「転職サイト」は、いつも都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのため、求人を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に貢献している企業もあり、探しやすい魅力があります。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と先入観を持っている人が多いかもしれません。思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、転職を考えている人は参考までにハローワークへ行って、相談するものいい案です。「転職サイト」みたく多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 今年中に転職される人で次までの仕事に期間がある方は「失業手当」を受け取っておきましょう。

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当はあなたが働いている会社側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の給料を基準に失業手当の支給する額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 転職の時に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書においてですが・・

  • 転職をしようとする場合、絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいては、たいていはパソコンを活用して作るのが当たり前です。現在の日本社会では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で書くというのが一般常識だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職においては履歴書は100%パソコンを使ってはいけないと断言はできません。自筆を評価する場合もありますけど、違うケースが徐々に多くなってきているので、パソコンを用いて作った履歴書や職務経歴書でもOKな会社はたくさんあるのです。

  • いい転職をしようと転職活動の際に「私は今までずっとこういう内・・

  • 今励んでいる転職活動の際に「私は振り返るとこのような仕事に従事してきました」「過去の仕事では、こういった経験を身につけることができました」とそれまでの自分自身の成功体験などをアピールする人はかなり多いです。でも、転職先のその職場で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「このような業務なら積極的に貢献できるに違いない」と将来のプランを話して自分をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • 安定性を希望して正規の社員を目指す人は相当数いるのが現実です。

  • 安定を手に入れるべく正規の雇用社員になろうとしている人は少なくないでしょう。が、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに正規雇用が難しいケースも少なくないはずです。契約社員の求人募集を見たとしても、正社員の求人情報以外には目もくれず時間を無駄にしてしまっているようです。万が一あなたが、正社員としての転職が難しいのなら、準社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員募集の企業の中には会社に貢献する度合いが高ければ、数年で正社員へのキャリアアップを狙えるところもあるからです。ですので採用面接時に、こうした可能性をヒアリングしておくと今後の役に立ちます。

  • 新しい職場で、今までに身に付けた資格やキャリアを発揮できれ…

  • あたらしい職場で今までに培ってきたスキルが生かせれば、即戦力として認識され、すぐに職場で存在感を得られるでしょう。それはつまり会社側としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえ問題なければ、難なく採用されるでしょう。加えて今までの業務内容と似た仕事内容なら可能性は十分にあります。そういっても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職系や公職については、時代に関係なく、相当な競争率となることを覚悟しておきましょう。

  • 大きな転職エージェントは、多くの案件があるというメリットがあります…

  • 大きな転職エージェントに限って、たくさんの案件があるという強みがありますが、他方、転職希望登録者も多い可能性が高いです。それゆえあなたが、気になる案件を探し出したとしても、担当スタッフが見込みが少ないと判断すると応募してもらえない可能性もありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいると、その人を優先することも考えられます。このように大手転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており案外応募できないので、方針を変えて比較的規模が小さいエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できませんか?と話しをしてみると、自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

  • 自分のスキルが有利にはたらくように再就職を検討する場合は、…

  • 今ある自分のスキルが有利にはたらくように就職活動をするつもりなら、再就職し易い業界とそうでないものを知っておいてください。転職しやすい業界は、たえず人手不足に陥ってる医療や介護系のジャンルが代表でしょう。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、売り手市場となっています。今、看護師や介護士として活躍している人が、仕事がきついからと異業種へ再就職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、流動性がそれほどありません。したがって、簡単に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。