政治による影響がでつつある転職事情ですが、現在の安倍内閣では…

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。今の安倍政権では、アベノミクスや三本の矢で経済政策が次々に展開されています。経済政策共々日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では次の世代の社会的な変化が増えつつあります。その変化を受け、企業伸長とともに労働人口の減少による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。また最近では、「外国人の労働者」の割合を現状よりも増やしていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職事情も大きく変わっていくはずです。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備は必須です。

  • 転職する場合、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見えるファッションは誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかし、近年の採用面接に関しては私服を許可している企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて赴く必要がないケースもあります。会社の創設間もない企業などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接をしたほうが、印象が良くなります。さらに、フランクに会話できるメリットも。そして私服だと、面接のなかで、洋服で、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 新卒採用で入社した会社を退職し思い切って転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。会社を退職したときは、長い間不安で辛い時期もありました。しかし、社会に出て数年経てば転職をして多数の人が転職をしていることを私自身が転職したことで学び、無意識のうちに悩みが消え、気が楽になりました。また転職をするとふしぎなことに肩の荷が下りるような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて嬉しくなっていきました。いまだ「仕事を変えるのは良いことじゃない」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の場合、否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は…

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは現在の会社できちんと雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている企業の都合での退職や、残業時間によっては、すぐに受け取れる可能性もあります。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の直近の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算されるため、企業に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 派遣先の会社が決定しました。就業初日に派遣会社で営業を担当している人…

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。就業初日に営業を担当している人と就業場所付近のコンビニエンスストアで待ち合わせたところ、営業担当者がコンビニの前にいないから中にいるのではないかと思い店の中に入ってみると、担当者は雑誌コーナーで座り込んでいかがわしいグラビアのところを開けて読んでいるのを発見しました。こんな人が担当者だなんてまっぴらごめんだと思って、その場で声をかけずにお店を出て直ちに派遣会社に辞退の連絡を入れました。

  • 転職の際に欠かせない企業の面接に関して、してはいけない…

  • 転職を成功させるための採用面接での、多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりしていると、予想に反して良い結果にはならないことがあります。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「残業」などの、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って訊いておくと、結果的にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に採用されないのではないか」と危惧するかもしれませんが、けれどマイナスに作用することは結果的には少なくないようです。こういった労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。その反面、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。けれども、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

  • 女性が転職する場合、数年前と今現在とは少なからず、違いがあるようです。

  • 女性の転職は、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは若干の違いがあります。過去には面接の際に、結婚の予定や出産後の考え方などについて、ごく普通に質問されることがありました。でも、最近の動向としては、セクハラとして聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。ただ実際、面接する側は〇か×といった形ではなく、その女性の人生観「結婚後も働きたいのか」出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思っています。あなたの価値観をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと並行して伝えることで、面接担当官にも認識してもらえ、安心できると考えられます。というワケで、質問されていない箇所についても、あなた自身から気遣いながら答えておくとよいでしょう。

  • 新たな仕事でそれまでに培われてきた実力を活かせられれば…

  • 新しい職場で、これまでに身に付けたキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力と見られて割と早く職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している雇用先も大いに助かると言うものです。時期さえあえば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。しかも、かつての仕事と似たような業種であれば、転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とはいえ、それなりにスキルがあるといっても大手の事務職系や公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代に関係に左右されることなく相当な難関になることを肝に銘じておきましょう。

  • これはシフト制の業務についてです。

  • これはシフトのある仕事についてです。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接時に確認しておくべきです。以前に私自身が、産休で休む人の代役として、正社員として入社したのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を出す必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。冷静に考えると、「よく耐えた」と自分でも驚きです。

  • クールビズ(軽装)の服装で転職の面接場に出向く際に・・

  • クールビズをして転職の面接場に出向く際には、いくらなんでジャケットまでは着ていかなくて良いとわかるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが間違いありません。ネクタイもジャケット同様になしで良いと認めている企業もある場合もありますが、ことネクタイに関してはクールビズであっても着用して行く必要があるとする会社がまあまあ存在します。そのため、クールビズと言われていたとしてもネクタイにおいては必ず着用から行った方がベストだということは分かっておいてほしいです。