政治による影響がでつつある転職事情ですが、現在の安倍政権によっ・・

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権下では「アベノミクス」や「三本の矢」などの新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・企業といった民間側からも今までとは異なった変化が増加しつつあります。そういった変化を受けたことで、民間企業では、今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。将来的に「外国人労働者」の比率を現状よりも増加させていく、前提と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、こうした変化のなかで国内の雇用・転職事情も変化していくのは間違いありません。

  • 再就職にあたって準備は必須です。

  • 再就職にあたって然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に見える「ファッション」は気になりますよね。けれども、昨今の、面接に関しては、形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツで決めて赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。また、正装ではないので、フランクに話が出来るのも魅力です。そして私服なら、面接の際に、ファッションの話題に発展しやすいです。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、転職活動をする際は、企業の設立した年で決めることが、(ベンチャー系の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職を決意しました。会社を退職する前は、1人で将来のことを考え不安になりました。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で理解し、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。なにより転職を経験したことによりなんだか気持ちが楽になった気がして、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が楽しくなりました。なかには「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職を決断して後悔はありません。

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方・・

  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。これは現在の所属する会社がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、誰でも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、働いている企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに貰える可能性もあります。このとき、「失業手当」の額は、会社で最後に働いた月の近々の給料をもとに支給する額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。

  • 派遣先が決定しました。最初の勤務日に営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニで落ち合うことになっていたのですが、なぜか店の前にいなかったので店内にいるのではないかと思い店内に入っていくと、彼はあろうことか雑誌の所に座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けて読んでいるではないですか。こんな担当の方のお仕事なんて勘弁してほしいと考えて、声をかけることもなく店内から出て速攻派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

  • 転職を成功させるための企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが…

  • 転職の際に必須となる採用面接では、多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり過度に猫かぶりしていると、それがそのまま不採用となる可能性が高いです。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「報酬」といったような、普通ならかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に訊いておくと、結果的に間違いなく自身のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、質問をすることで面接で採用されないのではないか」と不安が募るかもしれません。だけども、意外と悪い印象を持たれる可能性が高いのです。こうした「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接の場では大半の人が質問を躊躇しています。けれど、一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今日と・・

  • 女性が再就職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と今とで若干の違いがあるようです。前までは、「結婚の予定」や「出産後の予定」について一般的なこととして質問されることがありました。ところが、今現在は「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない企業が一般化しつつあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問に神経質になっています。しかし、会社側としては、〇か×で返答するのではなく、その人の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自分自身の価値観を知っておいてもらうためにも、志望の動機や自己PRと並行して言い表すことで、相手側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。というワケで、質問されていない部分も、先にあなたの方から配慮し、答えておくのが良いです。

  • 再就職した会社でこれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたとしたら、…

  • 新しい環境下で今までに培ってきた能力を活かせられれば、即戦力として活躍でき、早々に職場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている雇い主もそういった人材は常に欲しがるものですから、企業側が判断しても即戦力となる転職は難なく採用されるでしょう。それに加えて以前の働いていた仕事と近い仕事内容なら転職は非常に楽になるでしょう。但し、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務系、公務員系(国家・地方ともに)は時代背景に左右されることなく相当な難関となることを覚悟しておきましょう。

  • シフトの仕事についてです。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集している求人…

  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については前もって聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、私は以前産休で抜けた人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、「土日」固定となるシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の方が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出すとよく我慢してやってこれたと思います。

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に行く際には、いくらなんでジャケットまで…

  • クールビズで転職の面接場に出向くときには、ジャケットにおいてはやはり着用しなくても安心であると間違いなくわかるのです。ですが、ネクタイは面接ではつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイなしで大丈夫だとする会社も存在するケースもあるにはあります。ですが、ことネクタイに関してだけはクールビズが推奨されていてもつけなければならないとしている会社がいくつかは存在するわけです。それゆえに、クールビズが指定されていてもネクタイにおいては着用から行った方が悪い印象を与えることがないということを分かっておいてほしいです。