政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、…

広告
介護の転職サイトまとめ

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済に関係する政策が次々と打ち出されています。金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間でも新しい変化が顕在化しつつあります。その変化が加わり、民間企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が大きな社会問題になっています。最近では「外国人の労働者」の比率を増加させ人材確保に務めていくと安倍政権は方針として掲げています。国内の転職問題についても幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職する場合、それなりの準備は必須です。

転職する場合、然るべき準備は必要不可欠です。とくに、目に見える「服装」は重要だと感じてしまいます。ですが、現在の面接では、形式ばらない服装がOKな企業があるので、きっちりビジネススーツを着て出向かなくても良いでしょう。創業間もない会社などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に好印象を与えられます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話が出来るのも魅力です。また、私服であれば時には面接時にファッションについて、話題が広がることがあるので、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職活動をする際は、企業の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職すると決意しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決めました。会社を辞めて転職活動するときは、とても悩み、不安な気持ちになりました。でも、新卒で入った会社を数年で辞めて、大半の人が転職を経験していることを自らの転職活動で学び、いつの間にか悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また転職を経験すると徐々に考えも前向きになって、「自分のやりたいこと」を考えるのが毎日が充実したものになりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思っています。

これから転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、…

今から転職される人で次までの仕事にある程度期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。会社側で「雇用保険」を支払っているのなら、失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。さらに受け取れる「失業手当」の金額は、会社で最後の勤務月の直近の給料を軸に支給する額を算出されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣で働く会社が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業担当者と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、どうしたことか約束の店の前にいないから店の中にいるのではないかと思って店内に入っていくと、担当者はなんと雑誌コーナーで座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて読んでいました。こんな担当の人の仕事なんて人間として恥ずかしいことだと感じ、そこで声をかけず店内から出て直ちに派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

転職の際に欠かせない採用面接での、やめておいたほうがよいの…

転職先での採用面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと無理に猫かぶりは、残念なことに採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには思い切って面接の際は「ボーナス」などの、多くの人がかなり質問しづらいことを勇気を持って訊いておいた方が、最終的に間違いなく自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そのような無神経なそういった質問をすると面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と懸念するかもしれません。しかし、かえって相手からの印象もいいことは最終的には少なくないようです。こういった労働環境やお金に関する内容は、実のところ、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかし、面接で緊張していると、なかなか聞きづらいのも事実です。けれども、逆手に取って、「ほかの人とは違うな」と格好の自己アピールとなるのです。

女性の転職は、ここ最近とセクハラが問題視される前…

女性の再就職において、ここ最近とセクハラが問題視される前では少し状況に違いがあったりします。前は会社側から「結婚の予定」や「出産後の予定」についてごく当たり前に質問されることがありました。ですが、最近の動向としては、こういった内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問しない会社が増加傾向にあります。また、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として神経質になっているといいます。とはいえ実際、面接する側は〇か×といった形ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後は時短で働きたいなどを把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分の将来設計を伝えるためにも、志望動機・自己PRと併せて伝えることで、相手方も考えがわかり、安心できると思うわけです。そういうわけで、聞かれていない内容でも、あなた自身から率先して答えてみると良いでしょう。

新たな仕事でそれまでのキャリア・スキルを生かせたとしたら・・

新たな職場で今までに培ってきたキャリアを活かせられれば、即戦力として見なされ、すぐ職場内に自分の居場所ができ、会社側もスキルを持つ人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。加えてかつての仕事内容と似た業務内容なら見込みは十分にあります。とはいえ、まずまずのスキルがあるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員の募集などは、いつの世になっても、かなりの難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

シフトの仕事についての話なのですが、決まった曜日に入れる人を募集している求・・

これはシフトのある仕事についてです。毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめたずねておいた方が良いです。以前に私自身が、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任者が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い返すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接場に出向く際には…

クールビズをして転職の面接にチャレンジするときには、さすがにジャケットは着なくても大丈夫だと間違いなく言えます。ですが、ネクタイだけはしておいた方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いと考える企業もある確率もありますが、ことネクタイだけはクールビズであっても必ず着用する必要があると思っているところがそこそこあります。という事で、例えクールビズが許可されていてもネクタイに関しては着用いく方が良いということを知っておいてそんはありません。