政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀の金融政策とあいまって、財界・民間企業側からも今までとは違う社会的な変化が増えつつあります。その変化が加わり、企業の側でも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会では多いな問題として取り上げられています。将来、「外国人の労働者」の総数を増やして人材確保に務めていくであると安倍政権は宣言しています。国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用・転職状況も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

転職活動する場合、相応の準備は不可欠です。

転職活動する場合、相応の準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、「服装」を気になる人が多くいます。しかし、ここ最近の、企業面接では私服がOKな会社があるので、スーツで臨まなくても良い場合があります。会社の設立間もない会社などは、厳しい規則も作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接の間に、洋服の事で話題が広がることがあります。ですから、もしかしたら面接担当者と仲良くなれる期待ができます。これから転職するのなら、気になる企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職を決意しました。

新卒で入社した会社を去り、悩みましたが、転職すると決めました。当初は長い間悩み、不安な気持ちになりました。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動中に知り、自然と気持ちは楽になりました。転職を経験したことにより自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」が再確認できて嬉しくなっていきました。いまだ「一通り経験してから」といった意見も多々ありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

これから転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、…

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。今働いている会社が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、状況によっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。このときの、支給される「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の給料を軸に支給する額を計算されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。

派遣として働く会社が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社の営業担当の方と派遣先の近くにあるコンビニで待ち合わせをしたところ、どういうわけか店の前にいなかったので店内にいるのかもしれないと思いコンビニの中に入ってみたところ、担当者は大胆にも雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことと考えて、そこで声をかけることなく気付かれないようにコンビニから出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

転職のための会社の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので…

転職を成功させるための企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫をかぶることはそれがそのまま不採用となる可能性が高いです。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「給与システム」などの、普通ならかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に質問しておいた方が、間違いなくあなたのためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった質問をすると面接結果に不採用になるのではないか」と不安が募るかもしれませんが、けれども面接官からの印象もいい可能性が高いのです。この手の労働環境やお金に関連する疑問点は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」と面接官に印象づけられるのです。

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と今現在と・・

女性の再就職に関しては、一昔前と現在とでは少なからず、変化が見受けられます。一昔前は面接の際に、「結婚の予定」や「出産後の予定」などに関して、ごく一般的なこととして質問されることが多々ありました。ですが、今はそのような内容は、セクハラに該当するとして質問しない会社の方が増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として扱われています。ただ実際、面接する側は〇か×の2択でなく、その女性が、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、把握しておきたいとは思っているはずです。あなたの価値観を知っておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと混ぜながら表現することで、面接担当官も考えがわかり、安心できると思うわけです。ですので、たとえ、質問されていない内容でも、先にあなたの方から企業にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いでしょう。

新しい仕事で、自身の過去のスキルが生かせれば、即戦力として認識さ…

新たな職場でそれまでに培われてきたキャリアが生かせれば、即戦力として活躍でき、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社側としても、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえ問題なければ、容易だといえます。それに加えて以前の業務内容と同じ仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。ですが、なかなかの能力があるといっても大手企業の事務職、公務員といったジャンルは、昔と変わらず相当な競争率となるのは違いないでしょう。

これはシフトの仕事についてです。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、休み方やシフトの出し方については前もって確認しておくべきです。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜けた人の助っ人として、正社員として就職したのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。振り返ると異常な職場だったんだと思います。

クールビズのスタイルで転職の面接に臨む際には、さすがにジャケット・・

クールビズスタイルで転職の面接に行くときには、やっぱりジャケットは着込まなくても安心であるとはっきりと言えるのです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうがイメージが悪くなりません。タイなしで大丈夫だと認めている企業もある可能性はなくはないですが、ネクタイに関してだけはクールビズだろうと着用する必要があると考えている企業がまあまあ存在します。ですので、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイにおいては絶対に着用から行った方がベストであるということを知っておいてそんはありません。