政治によって変化の出始めている転職事情ですが、現在の安倍政権によっ・・

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間でも次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。それもあって企業の側でも今度は労働人口の減少による人手不足が深刻な社会問題になっています。将来、「外国人の労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職する場合、然るべき準備は必要です。

転職活動では、然るべき準備をしておく必要があります。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。ところが、現在の企業面接では形式ばらない服装がOKな会社も多いので、きっちりビジネススーツを着て面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の創立したての新規の会社などは、考え方が柔軟でがちがちの服装で行くよりも良いイメージを持ってもらえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、面接のなかで、服装の事で話題が広がることがありますから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。ですので、転職活動は会社の設立した年で決めることが、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

新卒で入社した会社を離れ、勇気を出して転職しました。

新卒で入社した会社を辞めて、思い切って転職しました。会社を辞めたときは、1人で不安な気持ちになりました。でも、会社を数年で辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると私自身が転職したことで学び、いつの間にか将来の不安が解消していきました。なにより転職を経験したことによりなにか体が軽くなり、「自分のやりたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような意見も多々ありますが、それが正しいとは限りません。私の転職活動は転職をやって良かったと思っています。

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら…

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。これは今働いている会社側がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。支給される「失業手当」の金額については、最後の月の給料を基準に算出されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

派遣会社でのお仕事が決定しました。

派遣のお仕事が決まりました。勤務初日に営業を担当している人と就業先の近所にあるコンビニで合流すると約束をしていたのですが、どういうわけか店の前にいなかったので中にいるのかもしれないと思って店内に入ってみたら、営業担当者はなんと雑誌のコーナーで座り込んで成人雑誌のグラビアページを開けて閲覧しているではないですか。こんな担当者のお仕事なんてやってられないと考えて、その場で声をかけることなく気付かれないように店内から出て直ちに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

転職の際に外せない面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが…

転職の際に外せない企業での採用面接でのよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり過度に猫かぶりは、思いのほか逆効果です。ですから、猫をかぶるよりも面接の際は「休暇」などの、多数の人が触れにくい内容を勇気を持って聞いておくと結果的にあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった質問をすると面接結果に良い結果が期待できないのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれど、意外と好印象を持ってもらえることは少なくないようです。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、一歩踏み出しておくと、「こいつは他と違う」と自己アピールになるのです。

女性の転職に関しては、数年前と現在とは少し違いがあります。

女性が転職するに当たり、セクハラが社会問題となっている現代では若干、違いがあるようです。過去には面接の場で会社側から、既婚者なら出産の予定など、ごく当たり前に質問していました。でも、最近では、その手の内容は、セクハラと企業側が捉え、聞くのを避ける会社、が増加傾向にあります。また、とりわけ大きな会社ほど、この手の質問をNG質問として扱われています。そうではあるものの実際、会社側は、はい・いいえ、の2択でなく、その人が結婚後も働きたい、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているはずです。自分の価値観を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と一緒に表現することで、相手側にも考えが伝わり、安心してもらえると思うわけです。ですから、たとえ、聞かれてない箇所についても、先にあなたの方から配慮し、話をしておくのが良いでしょう。

新しい職場で、これまでに培われてきたスキル・キャリア生かせれ…

新しい勤め先で、今までに身に付けた能力を活かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれ即、仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり会社側としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングがうまく合えばとんとん拍子に事が運ぶでしょう。しかも、これまでの職場と近い内容であれば、転職自体はすんなりいくはずです。とは言っても、即戦力になれるとはいっても大手の事務職系や公務員の募集などは、時代に関係なく、中々の競争率を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

「シフト制」の仕事に関する話です。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、過去に私は出産のため休む人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。思い返してみると本当に腹が立ってきます。

クールビズで転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットはさすが・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行く際には、やっぱりジャケットまでは着なくても安心であるとはっきりと分かるわけですが、ネクタイはつけて行った方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイもする必要ないとする会社も存在することはあるにはあると思いますが、ネクタイに関してだけはクールビズだろうと身だしなみとしてつける必要があるとしている企業がいくらか存在するわけです。ですので、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイにおいては必ず着用から行った方が良いというのは分かっておいてほしいです。