安定的な生活を願い正社員として働くことを意識している・・

広告
薬剤師の転職サイトまとめ

安定的な人生を欲しがって「正社員」になりたいと思っている人…

安定的な暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員になりたいと思っている人は少なくない、というのが現状です。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、中々正社員として雇用されることが叶えられないこともあります。非正社員の求人情報は結構あるのに正規雇用の求人情報以外はそっちのけでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。しかし、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、派遣社員の募集にも目を通してみましょう。会社のなかには、実力次第で、2,3年で正規雇用にステップアップを狙えることもあるんです。ですから面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングするようにしておけば人生設計にも役立ちます。

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐ・・

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に合格しました。その後先方から面接の日時を教えてもらいました。当日、行ってみると、なぜなのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、グダグダな状態で面接を終えました。しかし、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、気になったので、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。もう一度電話をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用です」、と勝手に電話を切られました。あまりの対応に呆れて何も言えませんでしたが、とりあえず不採用で良かったと感じています。

転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される会社も多いの・・

転職サイトは知名度の高いサイトの方が多くの転職情報が掲載されているため、感じがよさそうな2~3社を、ともかくサイトに登録し、年収などの条件にあらかじめを入れておき、あとは自動の案件紹介設定をしておくと転職活動がラクになります。しかし、初めだけは登録するのがとても大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録の初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、後のことを考えれば、初回にきちんと準備することを心がけるのが得策です。

3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないのに…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がとても多いといいます。何故かと考えてみるとたぶん新たな気持で新たな職場を手に入れたはずなのに「自分の想像していた職場とおかしいと思うほど違っていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」と考えて退職してしまうことが多いようです。可能ならばこういった転職における失敗を繰り返さないためには、まずは事前の情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、通勤に掛かる時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を辞める・・

転職のために今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしも自らの希望によって退職願を書いて会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると思っている人がいますが、この規則を理解していない人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってハローワークの職員さんと大声でやりあっているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のケースでは、、失業認定を受けてからすぐさま失業保険が給付されます。

就職活動において、カギになるのは年収です。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社したのに退職に追いやられる事態になる状況も考えられます。

古来より「石の上にも三年」といわれる諺もあります・・

古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」を経験するのが決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。仕事を変えたいと考えているなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。ますはじめに、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを10個、少なくても最低5個は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。こうすることによって、再就職がスムーズになるはずです。そして決断したら行動を早めに取り、今よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。

転職しようと考えている会社で見学しておけば、すごく参考になります。

転職したいと考えている会社の会社見学は、かなり参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られて楽しいものです。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、普段の現場を見せることがまずありません。例を挙げるとブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でないと、実際の姿は伺えません。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことがたいへん大切です。それに加えて、見学時に仕事を体験させる会社は問題がありますから言語道断です。入社すらしてない人には何かあっても、それに対する保証が一切ないので、担当者から勧められてもやんわりと断るようにしましょう。

働く中で回復が難しいほど心的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に至ったな…

会社で何かあって心的に相当につらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そのときは、会社と相談ではなく家族と相談し、退職するかどうかの判断をした方が良いです。というのは、働くことは当事者であるあなた自身ではあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに高い給料を得られたからといって、精神的ダメージを負うほど我慢して仕事をすることは好ましいはずがありません。現代は、仕事のしやすさを優先していっても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなた自身の身内や、自分の心と体を大事にしましょう。

再就職によって職場を一新するということは、自分に合・・

再就職して勤め先を一新するということは、自身に合う理想に近い場所を選んだほうが好ましいということです。職場を変えれば自分に適した仕事に就くことができるかもしれません。とはいうものの、実際に行動する場合は、雇用側が必要とする能力を持っていないと、良い職は得にくいはずです。言い換えると、あなたの力量次第で、天職に就くことができることも可能、ということです。今の時代は職業選択の自由が社会的に普通に認められていて、転職を決断しても偏見を持たれてしまうおそれもありません。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「使える人材が欲しい」と願う企業も増えているため、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。