安定的な生活を送りたいと正規の社員として働きたいと思っている・・

より安定した人生を送ろうと「正社員」になろうとしている人・・

  • より安定した人生を手に入れるために正規の社員になりたいと考えている人は結構多いと思います。が、いくら頑張っても正社員として採用されることがうまくいかない可能性もあります。非正規雇用者の求人は結構あるのに正社員の求人以外はそっちのけで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。万が一、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正社員の求人募集も見てみましょう。契約社員を募集している企業であっても、その人の手腕によって、数年で正社員への転身できることもあるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」の可能性があるかどうかを質問しておけば、今後の役に立ちます。

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。す・・

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスし、相手方から面接の日時を教えてもらいました。だが、当日行ってみるとどういうわけか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、始終たいへんに面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接を終えました。しかし、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で仕方なくまた問い合わせたところ、どういったわけか、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて絶句してしまったのですが、率直に、不採用で良かったと思っています。

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほどたくさんの案件が掲載されているため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される転職情報がたくさんあるため、関心のある2,3の会社を、まずはウェブサイトに登録して、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、加えて条件に合う求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。とはいっても、初回に限っては登録するのが少しばかり大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録初日は少々時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが賢明です。

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう少なくないのです。それは仕事環境を手に入れたものの、「自分の期待していた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」というワケで退職してしまうことが多いようです。可能ならこのような、転職における失敗を繰り返さないために、とにかく事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、職場内のルール、などいろいろチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません・・

  • 転職を行うにあたり、今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もし自分から退職届を出して退職する、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークの職員さんと過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けて即、失業保険が給付されます。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげると、年収400万の人が転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくとよいでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になるおそれもあるので注意が必要です。

  • 古来より”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 昔から「石の上にも三年」という教訓があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにその背景を裏付けるかのように「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、「転職」する人が増えているとはいっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に転職するつもりなら、まずは良いタイミングを図る必要があります。必ずや現在の職場、仕事について具体的に、不服に思っている点を10個前後、リストアップしてみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職を決断することです、そして、将来の進むべき道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、今より良い仕事ができるように自分なりに努力してみてください。

  • 転職しようと考えている会社の見学は、すごく参考になります。

  • 転職したい会社の見学は、たいへん参考になります。また、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるのでワクワクします。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、いつも通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のクセが強い業種であるため、実際に働きだしてからでないと、実際の姿はみえません。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことが無難です。また、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人にはトラブルが発生しても保障がないため、進められてもていねいに断ることが大事です。

  • 会社で何かあって精神的に自分が苦しくなって転職を考えざるを得ない状況に至ったな…

  • 仕事によって精神的にまいってしまい会社を変えなければという気持ちになったなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に家族と話して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。どうしてかというと、仕事をするのは当事者である自分ではありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い給料を得たからといって、精神が追い込まれるまで我慢しながら延々と仕事をするのは好ましい状態とは言えません。今の時代は経済的に豊かなことよりも、働きやすさを大事にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、家族や、あなたの心のケアを忘れないようにしましょう。

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見…

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う新たな就職先を選びたいものです。職場を変えれば自分にうってつけの仕事に出会えるかもしれません。が、マイナスの面も持ち合わせていて、雇用側が必要とするスキルが必須となります。言い方をかえると、あなたのスキル次第で「天職」にありつく、というだけの話です。今のご時世では、「職業選択の自由」が社会的にも認識されているので、転職を選択しても特に困難なことはないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今現在、「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業もますます増えているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。