安定的な生活を手に入れるために正規の社員として働くことを念頭に置いている人…

安定した暮らしを欲しがり正規社員として働きたいと思っている人は…

安定的な生活を手にするべく正規社員を狙っている人は多数だと思います。ですが、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、中々正社員としての転職活動が現実化しない可能性もあります。非正規雇用者の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人募集以外を見ないで応募しない人も少なくないでしょう。仮に、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者の求人募集も見てみましょう。契約社員を募集している会社であっても、働きぶりによって数年で契約社員から正社員への転換ができることもあるからです。面接時に「正社員登用」の機会があるかどうかを聞いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。その…

とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。すぐに先方から面接の日時を指定してもらいました。ですが、面接日当日、指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、呆れるほどけだるい表情を見せ、かろうじて面接を終えました。予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、しびれを切らし、こちらから問い合わせると「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で仕方がないので改めて質問したところ、どういったわけか、「残念ですが不採用です」、と勝手に電話を切ってしまいました。あまりの対応に呆れて言葉を失いましたが、本当は、不採用で良かったと思っています。

転職サイトはメジャーなサイトの方が豊富な量の転職情報が掲載されているため、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載量も多くなるため、だいたい2~3社ほどまずはサイト登録しておき、勤務地と年収条件程度の条件一致で加えて条件に適合する求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報を集めることが可能です。初回に限っては登録するのに少しばかり時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は時間がやや掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、後のことを考えれば、最初にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、何ヶ月もたっていないの・・

ちょっと前に転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職してしまう人というのもとても少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで良い仕事を手に入れたはずなのに「自分の思っていた職場環境と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」ということが理由で退職を決意するのだとか。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにはやはり、事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、などいろいろ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

転職を行うにあたって、現在働いている会社を辞める…

転職を行う際、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、自分から退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の際には失業保険は即座に給付されるのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく間違って退社の1日後から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則を知らない人が、本当はもらえるはずだと思い込んでそれが原因となりハローワークの担当スタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのち直ちに失業保険が給付されます。

就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接において、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。なお、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。転職するには時期というのも有るでしょう。ますはじめに、現在の職場、仕事内容について具体的に、嫌だと強く感じていることを、10個前後、紙にリストアップしてみましょう。そうしておくと、再就職に役立ちます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、早めに良い仕事を手に入れられるように取り組むことが大切です。

転職先での見学に参加するととても勉強になります。

転職候補先で見学などがあれば、かなり参考になります。とくに、職人さんのいる会社ではスキルを近くで見られるので楽しくもなります。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には間違いなく、本来の姿を見せてくることは少ないのです。特にその傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿はみえません。なので、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがとても賢明です。また、見学時に仕事を体験させる会社は、かなり問題なので気をつけましょう。入社していない人には何かあっても、保障がないので、スタッフから勧められても丁重に断りましょう。

職場環境が原因で回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしま・・

仕事をするにあたり、回復が難しいほど精神的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、相談するのは職場の人でなく家族と話して、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、働くことは自分の事でもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに報酬が良いからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢しながら無理して働くのは好ましい状況とはいえません。今の社会では、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを重視する生き方も段々と増えていっています。あなたの家族とともに、あなた自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

転職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合・・

再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自身に合う自身が納得できる転職先を見つけたいものです。勤務先を変えることによって、天職に有りつけることも可能です。しかしながら、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしい能力が必須となります。逆説的に表現すると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」にありつくチャンスも高くなる、ということ。近年は、「職業選択の自由」が権利として受け入れられているので、転職して転職を選んでも困難も生じないでしょう。今のような事態のもとでは、今は、「役に立つ人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。