安定的な暮らしを手に入れるために正規の雇用社員として働きたいと考えている人…

より安定した暮らしを求めて正社員を目指す人はかなり多いと思います。

安定した生活を手に入れるべく正規の雇用社員として働こうと思っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正社員としての転職が叶わないケースも少なくはいはずです。準社員の求人があるのに正社員の求人募集以外には目も通さず時間を浪費している人が少なくないと言います。万が一あなたが、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、準社員の求人募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、会社に貢献する度合いが高ければ、数年で契約社員から正社員への転換ができる可能性もあるからです。面接の最後に「正社員登用」の機会があるかどうかを聞いておくのも後々の役に立ちます。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その・・

とある古物商にて、書類審査を通過しました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。しかしながら、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接の準備を全くしていませんでした。しばらく待つと、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、呆れるほどけだるい表情を見せ、面接を終えました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待ちましたが、結局届かず、そこでふたたび、問い合わせてみた結果、どういったわけか、「残念ですが不採用とします」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。呆れ果てて絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくてよかったです。

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載数も豊富なの・・

「転職サイト」は、大手のほうが多数の求人情報がが掲載されているため、2つか3つ、とりあえず転職サイトに登録して、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、次に条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことができるようになります。でも、最初は登録するのにけっこう時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする初回時は少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、次回以降の応募を楽にするめにも、初回にしっかりと準備することを推奨します。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというの…

ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、早期に退職届を提出する人が意外にも多いものです。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところはリフレッシュな気持ちで転職先の会社に飛び込んだものの、「自分の考えていた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「納得行かないのでウンザリしている」ということが原因で去っていくことが珍しくないといいます。できればこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、転職先の情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職を行う際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

転職を予定しているのなら今勤務している会社辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの都合で退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因となりハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのち即座に失業保険が給付となります。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。

就職活動において、年収はとても大事な要素です。大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。年収400万の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど無い、と見ておくべきです。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になるおそれもあるので注意が必要です。

「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた…

日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。とはいえ、「転職」する人が増えているとはいっても、甘い考え方は禁物です。実際に再就職するつもりなら、まずは良い時期を図る必要があります。最初に、現在の職場、仕事内容について全般的に、不服を感じる点を10個、少なくても最低5個は箇条書きしてみてください。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ早々に、より良い仕事を手に入れるべく取り組むことが大切です。

転職候補先の見学ができれば、すごく参考になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあると非常に勉強になります。とりわけ、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるのでワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、本当の仕事風景を見せてくれることはありません。もっとも顕著なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので入社後でないと、本来の姿がわかりません。そのため、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことが無難です。さらに、会社見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので正直言って、「論外」です。入社すらしてない人には仮に何かトラブルが発生しても、保証も一切ないので、仮に、勧められたとしても丁寧に断りましょう。

仕事のなかで精神的にとても苦しくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージがあり、会社を変えなければという気持ちになったなら、職場の人に相談ではなく自分の家族と話して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。仕事をするということは自らのためでもありますが、同時に身内の問題でもあります。どれだけ給料が良いからといって、メンタル面がボロボロになるほど我慢しながら無理しながら働くのは良いはずがありません。近年は、経済的に豊かなことよりも、働きやすさを優先する生き方も段々と増えていっています。ですからあまり気にせず、身内や、あなた自らの心と体を大事にしましょう。

転職することで職場を一新するということは、自分自身に見合・・

再就職によって勤め先を新しく替えるということは、自分に見合った再就職先を見つけたいものです。職場を変えれば適職に有りつけるかもしれません。ただ、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルが求められます。言い方をかえると、あなたのスキル次第で天職に就くことができる、というだけの話です。現代は、「職業選択の自由」が一般的に受け入れられているので、転職しても問題も生じないでしょう。今のような事態のもとでは、今は、「即戦力になる人材が欲しい」と希望する企業もだんだん多くなっているので、この好機を有効に使ってみてください。