安定的な人生を求めて正規の雇用社員を狙っている人は少なくないでしょう。

より安定した生活基盤を希望して正社員として働きたいと考えている人…

  • 安定した生活を希望して正規の社員として働こうと考えている人は少なくない、というのが現状です。ですが、即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに正社員のためのキャリアアップがうまくいかないこともあります。派遣社員の求人募集があるのに正規雇用の求人募集に固執し、時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。もしもあなたが、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。契約社員を募集している会社であっても、働き手の実力により、2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので面接の最後にこういった可能性を質問しておくと今後の役に立ちます。
  • ある古物商の社員募集にて、書類選考をパスしました。2、3日し・・

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格したので、相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、終始呆れるほどけだるい表情を見せ、なんとか面接は終わりました。ですが、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、気になったので、私のほうから問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、また電話をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、本心から、不採用でよかったです。
  • 転職サイトはメジャーなサイトの方がたくさんの企業が掲載されているた…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が豊富な量の転職情報が掲載されているため、興味のある2~3社を、まずは転職サイト登録しておき、年収などの条件にあらかじめを入れておき、あとは条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職に関する情報収集が簡単になります。ですが、初めに限っては登録するのがなかなか大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときは少し時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが得策です。
  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、入ってす…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりなのに、数ヶ月しかたっていないのに退職届を提出する人が思いの外よく見受けられます。それはたぶん気持ちも新たに、会社で勤務を始めてみたものの、「自分自身の期待していた仕事とかなり違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」という理由で退職してしまうことが珍しくないといいます。このような、転職における失敗を繰り返さないためには、はやり前もっての情報集めは徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、通勤に掛かる時間、などあれこれ事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 転職のために現在勤めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが…

  • 転職を目前にしているなら、今勤務している会社辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしあなた自身が退職届を出して退職する、いわゆる「依願退職」の場合には即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってその結果としてハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐさま失業保険を受け取ることができます。
  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。源泉徴収票が必要となるため、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社できたのを退職を余儀なくされる状況も考えられます。
  • 日本には”石の上にも3年”という教訓があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」は決して珍しいものでなくなっています。ただ、「転職」する人が増えているとはいっても、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職するには適した時期を図る必要があります。最初に、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を感じる点を約10項目紙とペンを使い、リストにしてみましょう。この作業が、将来の転職活動に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、躊躇することなく、より良い仕事を手に入れるべく進めることも大事です。
  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、かなり勉強になります。

  • 転職したい会社で会社見学しておけば、非常に勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られて楽しくなります。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはたいていの場合、実際の仕事風景を見せてくれることはありません。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のアクが出やすい業種なので、働きだしてからでないと、実際の姿は伺えません。なので、見学だけの仕事だと思わないことが賢明です。加えて、見学時に仕事を体験させる会社は倫理的にアウトですから正直言って、言語道断です。雇用契約を結んでいない段階では問題が発生したとしても、それに対する保証も一切ないので、仕事体験を勧められてもていねいに断ることが大事です。
  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積され・・

  • 職場環境が原因で心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、職場の人と相談する以上に身内などの近しい存在の人と話し合い、退職するかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くことは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。どんなに給料が良いからといって、心的ダメージを負うほど、我慢して仕事を続けることは好ましいとは思えません。今の時代は仕事のしやすさを重視していく生き方が尊重される時代です。家族や、あなた自らの心身をいたわりましょう。
  • 転職で職場を新しく換えるということは、自分自身に合…

  • 再就職することで職場を新しく換えるということは、自身に合う再就職先を見つけ出したほうが好ましいということです。あなたに向いている仕事に有りつけることも可能です。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、それ相応の労力やスキルが求められます。別の言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつく、ということなのです。現在の社会では職業選択の自由が社会的に普通に当たり前になっているので、退職し転職を選択しても困難も生じないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつある現代は「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、今の良い時期に乗じて転職されるのも良いかもしれません。