安定性を送りたいと「正社員」として働きたいと考えている・・

安定的な人生を願って正規の社員として働きたいと考えている・・

  • 安定した生活基盤を欲しがり正規社員になりたいと思っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、中々正社員として雇用されることが叶えられないケースも少ないはずです。派遣社員の求人情報が目につくのに正社員の求人募集以外には目もくれずエントリーしない人も少なくないでしょう。しかしあなたが、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員の募集を掛けている会社でも、働き手の能力によって2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換を図れるようにしている所があるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしても後々の役に立ちます。

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格したので・・

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格したので、担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待って、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、たいへんにやる気のなさそうな態度を見せて、かろうじて面接が終了しました。予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もどかしくなり、自ら問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、仕方がないので改めて問い合わせたところなんと、「今回は見送らせてもらいました」とその直後、電話が切られてしまいました。しばらく何も言えませんでしたが、正直なところ、採用されなくて良かったと感謝しています。

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方がたくさんの案件が掲載されているた・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど多くの会社が掲載されているため、興味のある2,3の会社を、ともかくウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、条件に合う求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。はじめは登録するのにとても手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録の初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの準備を抜かりなく行うことを心がけるのが得策です。

  • ついこの間、転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていないの…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、あっという間に退職を選択してしまう人がなんとなく多いものです。何故そうなるのかと考えてみるとおそらくリフレッシュな気持ちで新たな会社で勤務を始めてみたものの、「自分自身の理想としていた職場とかなりかけ離れていた」「ルールに慣れなかった」というワケで退職してしまうことが多いようです。できればこのような、転職における失敗をしないためには、第一に、事前の情報集めを徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、給与システム、など前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職するにあたり、現在勤務している会社を退社する…

  • 転職のために今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もし自らの希望によって退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則に無理解な人が、それが原因となりハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定されて即座に失業保険が給付されます。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことは通常あり得ません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが間違いがありません。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれることを招きかねません。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、現在、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。けれども、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような安易にそれを選択するのは考えものです。実際に転職しようと考えるなら、大切なのはタイミングです。最初に、現在の職場、や仕事内容について、納得できていないと思うことを10個程度、探しておきましょう。其れによって再就職に良いヒントを与えてくれます。そして決断したら迷うことなく、今より良い職を手に入れるべく取り組むことが大切です。

  • 転職したい会社で会社見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職候補先での見学に参加するとたいへん参考になります。特に、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。そんな会社の見学では、絶対に見学者には、通常通りの仕事風景を見せてくれることはありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので働きだしてからでないと、本来の姿は伺えないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことが重要なのです。それに加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますからハッキリ言うと「論外」です。入社してもいない人にはもしケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障は一切ありません。担当者から勧められてもていねいに断りましょう。

  • 会社が原因で心的に相当につらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら…

  • 働くにあたって心的に相当につらくなってしまい、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そんな時は、相談するのは会社でなく身内と相談しながら退職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、仕事をするのは当事者であるあなた自身ではありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い給料を得られたからといって、精神的に追い込まれるまで我慢しながら延々と仕事をするのは好ましい状態とは言えません。近年は、物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にしていく生き方も認められつつあります。あなたの身内、自分の心と体をいたわりましょう。

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に合う自分にあった・・

  • 転職で勤め先を一新するということは、自分自身に適合する自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選んだほうが好ましいということです。職種を変えることで、あなたにぴったりの仕事に出会えるかもしれません。でも、メリットだけがあるわけでななく、転職先にふさわしい能力がないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に近い転職に巡り会える可能性も高くなる、ということです。今は、「職業選択の自由」が一般的に認められているので、退職を決断し転職しても特に面倒なことはないでしょう。この様な情勢下では、こんにち「価値ある人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、このチャンスを有効活用してみてください。