安定を欲しがり「正社員」を目指している人はかなり多いのが現実だと思います。

安定した生活基盤を希望して正規社員として働くことを念頭に置いている人・・

  • 安定を手に入れるべく正規の社員を目指す人は相当数いるのが現実です。だが、即戦力として働けるように相当な努力をしていても、正社員としての転職が叶わないこともあるでしょう。契約社員や派遣社員の求人情報はかなり充実しているのに、正社員の求人に拘り、時間を無駄にしてしまっているようです。仮に、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。企業のなかには、働き手の活躍の度合いによって数年で契約社員から正社員への転換できることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば後々の役に立ちます。

  • ある古物商の会社で書類選考をクリアしました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の会社で書類審査に合格したので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。ようやく、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終驚くほどけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。けれど、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、待っていられず、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なので仕方なくまた問い合わせると、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと感じています。

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される会社の数も多くなるので…

  • 転職サイトは有名なサイトの方が多数の案件が掲載されているため、興味のある2つか3つの会社を、とりあえずメンバー登録しておき、希望する勤務地や収入に対して条件を設定しておき、条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に情報を集めることができます。しかしながら、最初に限っては登録するのにけっこう手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、少々時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後々のためにも、初回の準備に手を抜かないことをお勧めします。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに…

  • このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、早期に退職を選択してしまう人が意外にも多いものです。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところをいうと仕事環境に飛び込んだものの、「自分自身の考えていたものと堪えられほど違っていた」「職場環境が受け入れられなかった」という感じで退職してしまうのだとか。可能ならばこのような、転職における失敗を繰り返さないためには、初歩として、前もっての情報集めは欠かせません。職場内の環境、通勤時間、給与体系、などいろいろ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職に先立ち現在働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけません・・

  • 転職をするために今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしあなたの側から退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険はすぐには出ず手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たないといけないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってそれが原因でハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。ですが、社員側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてから即座に失業保険が給付となります。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接の際、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。このとき現実の年収を多く偽って、年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。もし、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなるかもしれません。

  • 日本には古来より「石の上にも三年」という諺もありますが、…

  • 日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在、「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。とはいえ、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、甘い考え方は禁物です。実際に転職したいなら、時期を図る必要があります。最初に、今現在の職場、仕事について具体的に、何が不満なのか、何が不適なのかを5~10個ほど、探してみてください。そうすることで、将来の転職活動に役立ちます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ手早く、よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。

  • 転職したいと考えている会社での会社見学に参加するとたいへん参考になります。

  • 転職先で会社見学などがあると良い勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られて楽しいものです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、実際の現場を見せることはまずありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、本来の姿がわかりません。そのため、見学内容がそのまま仕事、と解釈しないことが賢明です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験ができる会社はかなり問題がありますから正直言って、「論外」です。入社すらしてない人には何かあった時のそれに対する保障がないので、仕事体験を勧められても角が立たないように断るようにしましょう。

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど心的なダメージが蓄積さ・・

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、会社(の関係者)と相談する以上に、身内と相談して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。どうしてかというと、仕事をするのはあなた自身のためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、納得のいく高い給料を得られたからといって、精神的にボロボロになるほど我慢して仕事をするのは好ましいとは思えません。今の社会では、物質的なことよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方も認められつつあります。ですから、あなたの家族とあなた自らの心身を大切にしていきましょう。

  • 再就職によって職場を一新するということは、自分自身に合う…

  • 転職して職場を一新するということは、自身に合う職場を見つけたほうが良いということです。勤め先を変えれば、自分向きの仕事に有りつけるかもしれません。けれども、実際に行動するともなると、転職先にふさわしい能力が必須となります。別の言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」にありつく可能性も高くなる、ということです。近年は、職業選択の自由が社会的に当たり前になっているので、仕事場を変えても何の特に問題はありません。終身雇用制度が死語となりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、今の良い時期を有効活用してみてください。