安定した生活基盤を手に入れるべく正社員として働くことを念頭に置いている人が…

広告
マリッシュ 評判

安定的な人生を送ろうと正規社員として働こうと思っている・・

  • 安定した暮らしを手に入れるために正社員を目指している人はかなりいらっしゃるはずです。でも、努力しても、中々正社員として採用されることが実現しないこともあります。派遣社員の求人はかなり充実しているのに正規雇用の求人情報に固執し、応募しない人も少なくないでしょう。万一あなたが正規雇用での転職が厳しいのなら、非正社員の求人募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で正社員への転換を狙える可能性もあるからです。ですので面接時に「正社員登用」のチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。2、3日し…

  • とある古物商の会社で、書類選考に合格しました。2、3日して担当者から面接の日時を教えてもらいました。しかし、当日、指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんに面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。けれども、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので仕方がないのでまた電話した結果、「結果は不採用でした」、と勝手に電話が切られてしまいました。呆れ果てて言葉を失いましたが、素直に、不採用で良かったとホッとしています。

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載数も豊富なの・・

  • 転職サイトは大きなサイトであるほど豊富な量の転職情報が掲載されているため、入社したい2つか3つの会社を、まずは転職サイトに登録し、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、次に条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。でも、最初だけは登録するのが少々大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録をする第一回目は時間が少し掛かりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、初回にきちんと準備することを心がけるのが賢明です。

  • この前、転職したというのに、早期に辞めてしまう選択してしまう人…

  • 3ヶ月まえに、転職したというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまうケースがなんとなくよく見受けられます。何故かと思うとたぶんリフレッシュな気持ちで職場で勤務を始めてみたものの、「自分の期待していた仕事とかなり違っていた」「雰囲気が受け入れられなかった」といった感じで去っていくのだとか。できればこういった転職における失敗を繰り返さないために、やはり、情報収集を徹底しなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 転職を行うにあたって、現在勤めている会社を退社する時・・

  • 転職するにあたり、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分から退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険はすぐには出ず手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、本当はもらえるはずだと言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定を受けてから直ちに失業保険をもらえます。

  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、もし一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはほとんど無い、と見ておくべきです。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社をすぐに退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

  • 古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがあります・・

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。ただ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。仕事を変えたいと考えているなら、大切なのは適した時期を見計らうことです。その基本として、今やっている職場、仕事内容について具体的に、納得できない点をおよそ10個、紙にリストアップしてみましょう。そうすることで、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、おおまかな進路が見いだせたら、迷うことなく、よりキャリアアップできるように、進めることが大切です。

  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

  • 転職候補先で見学などがあるとすごく勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社での見学は、職人技を間近で見られるので楽しくなります。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ、通常通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。もっとも顕著なのは、ブルーワーカーなどの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、本当の姿はわからないものです。なので、仕事=見学で知った内容と思わないことが良いです。それに加えて、見学時に実際に仕事を体験させる会社は、問題があるので言語道断です。雇用契約を結んでない人にはもし問題が発生したとしても、それに対する保障が一切ないため、仮に、勧められたとしても角が立たないように断るようにしましょう。

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって…

  • 働く中で回復が難しいほど心的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、職場の人と相談するより身内などの近しい存在の人と相談しながら退職するか判断した方が良いです。それは、仕事をするのは当事者であるあなたですが、家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い報酬を得られたからといって、メンタル面が追い込まれるまで働きつづけるのは、良くありません。今の時代は、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを大事にしていっても良いはずです。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、自分の心と体をいたわりましょう。

  • 転職で職場を一新するということは、自分自身に合う自分にあった職場…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選んだほうが良いです。自分の天職に出会う可能性もあります。が、デメリットもあって、相応の努力やスキルがないと、転職自体が難しいです。他の言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」にありつく、というだけの話です。今の社会は、「職業選択の自由」が社会的にも当たり前になっているので、転職を選択しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。人の流動性が高くなりつつある今現在、「役に立つ人材が欲しい」と願う企業も多くなっているので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。