安定した人生を手に入れるために正規社員になりたい人は…

安定性を求めて正規社員になりたいと考えている人は少なくないでしょう。

  • 安定的な人生を欲しがり正規の社員として働こうと思っている人はかなりいらっしゃるはずです。ですが、頑張っていても、正社員としての転身が難しいケースも少なくないはずです。契約社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人募集以外はスルーしてもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮にあなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員募集の会社の中には成果によって数年で正社員にステップアップが図れることもあるからです。面接を受ける際に、こういった可能性を聞いておくのも良いでしょう。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしました。2、3日して…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐに相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。それなのに、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、どうしてか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長と思しき人が面接中も半ば聞きというか、最初から最後まで、呆れるほどだるそうな対応の状態のまま何とか面接が終了しました。ですが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、もどかしくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なので仕方がないので改めて連絡をした結果、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切られました。私はしばらく絶句してしまったのですが、採用されなくて良かったとホッとしています。

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が多くの企業が掲載されているた・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される会社の数も多くなるので、2~3社程度、とりあえずは転職サイトに登録しておいて、勤務地などにチェックマークをいれておき、あとは条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと転職に関する情報収集が簡単になります。でも、初めに限っては登録するのにけっこう時間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。初めの登録のときは多少時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、初回の準備に手を抜かないことをお勧めします。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていない・・

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりなのに、早期に辞めてしまう人というのもけっこう多いものです。何故そうかと思うと私見ですが新たな気持で素晴らしい環境に飛び込んだものの、「想像していた仕事と大きく違っていた」「雰囲気が馴染めない」といった感じで退職してしまうのじゃあないかと思います。可能ならばこういった転職における失敗を避けるためにはとにかく前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、業務におけるルール、などチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 転職のために現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、…

  • 転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もし自己都合で退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職のときは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則をわかっていない人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってその結果ハローワークの職員さんと過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてから直ちに失業保険をもらえます。

  • 就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。もし、現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

  • 日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在、その背景を裏付けるかのように転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと職を変えようとするのはキケンです。再就職したいなら、適したを図る必要があります。初歩として、今やっている職場、仕事、職場に関して、なにが嫌なのか、10個程度、箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早々に、今より良い職を手に入れるべく努めることも大切です。

  • 転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、すごく勉強になります。

  • 転職先の見学ができれば、たいへん参考になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、腕を見るのが楽しくなります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、いつもの現場を見せることはまずありません。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社してみないと、実際の姿は伺えません。なので、見学内容がそのまま仕事、と思わないことがたいへん重要なのです。それに加えて、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社はかなり問題がありますから良い会社とは言えません。入社していない段階では問題が起きたとしても、それに対する保証はありません。仮に、勧められたとしても丁寧に断るとこが大切です。

  • 働くことによって回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい…

  • 働くことによって精神的に相当につらくなってしまい、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、会社(の関係者)と相談をするより自身の家族と話して、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜなら、働くということは当事者であるあなたですが、身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく高い報酬を得られたからといって、精神的にボロボロになるほど働くことは、健全ではないはずです。今の時代は金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内とあなたの心身を大切にしていきましょう。

  • 再就職することで職場を新しく換えるということは、自分に合・・

  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に合う職場を選択したいものです。勤務先を変えることによって、自分向きの仕事に出会う可能性もあります。ですが、苦しいことも少なからずあって、雇用側が必要とする能力を持っていないと、転職自体が難しいです。言い方をかえると、あなたの力量次第で、「天職」にありつくチャンスがある、ということです。近年は、「職業選択の自由」が社会的にも当たり前になっているので、退職を決断し転職しても偏見を持たれる心配もありません。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「使える人材が欲しい」と感じている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。