大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。

大半は一流企業は定期採用中心で、転職希望者には不向きです。

  • ほとんどの場合大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。しかも都会の外だと転職の見込みがたいへん低くなりそうです。ですが製造業の場合においては、都市部でない地方の工業団地付近に運営していることがはずです。そういう地方工場では事業拡大時等に「中途採用」を併せて行っているので、このチャンスに転職を考えるのが良いでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する会社についての予備知識をあらかじめ知っておきましょう。その企業のHPをチェックし、人員募集の予定がないかマメにチェックしておくと間違いがありません。
  • 派遣の会社に登録をしています。

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。サイト内でなんとなく自分に向いていそうな仕事を見つけ出し問い合わせを行ってみると「その仕事はもう別の人に決まりました」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイト上からお仕事情報がなくなるのですが、その翌日になるともう一度情報が掲載されています。これは結局私だとよくないのって意味ですよね。そうであるならば変に隠さないくらいにはっきりと教えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいはまたひょっとして架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 派遣で働いています。派遣法や労働契約法のおかげでやむを得・・

  • 派遣社員として働いています。労働契約法のせいで不本意にも長期間勤務していた就業先での仕事の契約が終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で働いている会社で正規社員のポストをつかみ取った人もいるのですがその理由としては正直仕事の実力とは関係なく派遣先の上司の扱いがうまくてそれで採用された模様。業務上のスキルよりもおじさんにゴマをするスキルの方が重要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣仲間と勤務先で毎日文句を言ってます。
  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、再就職をしていく場・・

  • 今ある自分のスキルを有効活用しつつ、再就職をしていく場合、転職し易い業界とそうでないものを認識しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足である医療や介護系の業種がその最たる例です。医療・介護の職種では看護師および介護士資格が必要であるため、ハードルの高いジャンルといえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、様々な理由により、他の業界に転職する事を考える場合、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性がそれほどありません。簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職される場合は、他の業界では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 就職のため職探しをするときに気を付けたほうがよい求人内容は、…

  • 転職活動する場合に特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。こういった求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いのです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間・45時間というように求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を入れて計算しておくというものです。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」という話になります。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。
  • 転職する企業で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職する企業で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、入社したはじめの年は、ほぼほぼ「研修期間」が入っている会社が多いものです。自分の新たな仕事に就いたときは、四苦八苦して手にした職なのに、前の会社での年収とほとんど同じだったことがあります。それに加えて、業務内容はかなりキツく、とても責任のある立場で初年度はとても苦労しました。そういった経験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、可能ならば転職以前にお金をためて備えておくべき、と痛感します。
  • 数年前は求人情報では、雇いたい人の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

  • 一昔前の求人誌では、雇いたい人の「性別」まで明確に記載されていました。けれど最近では、男女雇用機会均等法の施行によって、男女差別が採用時にしてはならないとして、求人情報の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、求人募集をしている企業は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際、本当は男手が必要な会社に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。例えば、「女性が活躍している仕事場です」と記載される案件の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いです。
  • 転職活動をスタートする際、まず働いている会社の退社手続きを終えて・・

  • 仕事を変えようとするときに、まずは勤務している会社を辞めてからという考えを持つ人もいますが、そのような場合ボーナスがいつ支給されるかについて見積もっておきましょう。ボーナスのある企業は山ほど存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをもらえる日がもう少しのときには、ボーナスが支給された後で退職するという手も得策です。ボーナスは少々大きな額なので、もらっておかないと損をすると分かりますから、辞職する際にはボーナスの支給日について確認するのを忘れないようにするのがスマートなやり方です。
  • 勤務していた会社で怒りっぽい上司に心をすり減らし、最後…

  • 就業していた会社でパワーハラスメントを行う上司に心をすり減らし、最後には我慢の限界を超えてその会社を辞め、同じフィールドの別の会社に転職しました。転職先の会社では上との関係も良好で仕事ができてきわめて満足のいく毎日でしたが、だんだんと業績が悪化して、最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその経営統合した先の会社がなんと以前いた会社で、とても嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。どれほどご縁があるのでしょう。当たり前のことですが再び転職活動を始めています。
  • 転職とは、希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接係員と・・

  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。面接で良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えればお見合いをする気持ちで望むと良いかもしれません。また面接がはじまると第一にあなたの中身をチェックされてしまうのでマイナス評価となるような見た目や言動は気をつけてやめましょう。また常識的な社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。