先日転職の準備をしようと人材バンクへ登録を行いに行きました。

この前転職先を探すために人材会社に登録に向かいました。

数日前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングに現れた担当の人の雰囲気がどうも仕事に慣れていない社員のようで、私が説明したことの50%もわかってはいない感じです!しかも「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが大切でしょう」とか、ベテラン社員のように横柄に話すから非常に嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はそれなりに能力のある社員に、してほしいものです。

再就職時の面接のときにつける腕時計についてですが、どう見ても目を惹…

再就職する時に行われる面接で使う腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの腕時計はやめておいた方が安全です。この目立つという意味は高そうなデザインだったり、といった意味合いだけではなく反対に、明らかに安い腕時計の印象を与えるとか、そういった目立つということで真逆の意味で目を惹くのだと頭に入れておきましょう。転職の面接の際の腕時計においてもポジションとしてはネクタイやスーツと一緒で、面接にふさわしい平凡なものをするほうが賢明です。とはいっても、自分の年齢にあった腕時計であるということも大切なことで、新卒の面接で用意した腕時計よりはほんのわずかであっても高い腕時計にした方が好ましいとはっきりと断言できます。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。けれども、仕事をしつつ求人をチェックしながら応募したり、面接に行くのは精神も肉体もハードだといえます。さらに転職活動時は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すれば面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの評価が落ちますし、直接応募していた場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しておきましょう。

職を変えようと考えている時に気にかける募集要項は、だいたいのも…

転職を考えている際に閲覧することになる募集事項は、だいたいのもので載せている可能性も少なくはありません。そのため、そこに書かれている内容は100%正確なことだとはあてにするのはやめておいたほうが最適でしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる報酬の額などに関しては、一般的なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?というような判断ができる人は少なく、独断で考えてしまうと、今後、後悔することになる事も少なくありません。なので、そんな風にならないためにも、募集事項の情報というのは、うのみにせずに、そういったような重要な内容は会社側に直接聞いてみた方が良いです。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。ほぼすべての企業は履歴書と職務経歴書の記載内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が重要といえます。ただ穴を埋めるだけでなく、内容の魅力化を図ることも必要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入しましょう。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記載しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分にプラスになるように活用をはかることも転職を成就するための有効な手段です。

職を変えた場合には、大体の場合、それまでの仕事は多くの記憶は美化されます。

転職した際には、大体の場合、前の会社の仕事のたいていの出来事は美化されます。今の職にダメな点があるから、そういった思いをどうにかするために、どうにか転職することになったのに、時間が過ぎるとともになぜかわからないけれど転職した会社よりも「前職のほうが良かった」と感じる機会が増えてきます。至って自然のことで、前職は日々の仕事をこなすことに慣れきっていて今よりも苦労なくまいにちの業務をこなせていたのが、もっともというのもあります。だが実際は「やっぱり退職なんてしなけりゃよかった」と本気で思うほど、前の会社のほうが労働環境や、労働環境が良い可能性もあるはずです。

これまで私は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。

今までの私は、「転職サイト」よりも私はハローワーク派でした。なぜなら、大手「転職サイト」は、どうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。なので、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をしているいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着タイプなので探しやすい魅力があります。ですが、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると先入観を持っている人が少なくはないでしょう。思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、近いうちに転職を本気で検討しているのなら、ハローワークに1度行ってみるのも手です。「転職サイト」みたく多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきたら・・

転職の面接などにおいて面接担当者が名刺を手渡してきたら、同じように自分も名刺を渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだ際は、一般的には渡すことはないと頭に入れておいてください。面接は仕事内のことではなくて、就職活動の一部であるわけですから、普通一般的には名刺を交換する時間とは違います。それに、会社の人間としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手側から名刺を渡されても、こちら側はもらうだけでよくて、面接担当者に相手側にあげる義務はないと言えます。

『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が固いなら・・

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。ただし、このときに相談という形を取ると、高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。はじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際では数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本音は区切りの良い年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、大変驚きました。やはり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの希望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでほとほと会社や上司に対して呆れてしまいました。

転職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業だった…

再就職をする時に受ける面接では、零細企業だったらおおよそ「人事」が面接官ですが、別のケースもあるようです。例を挙げるとしたら、これからともに仕事をする担当者、要は課長・部長などの役職の人が担当することもあります。また事務系や営業系に再就職する場合は資格のみでは判断がしづらいですから、自主的に自分という人物をアピールすることが重要になります。担当者から「この人は、きちんと自己アピールできるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。