仕事を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。

  • 数日前転職先を探すために人材紹介会社に登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人が見た感じ経験の少ない社員のようで、私が話したことの半分ほども彼は理解できていない様子です。しかも「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確にしていくべきです」等、ベテランのように偉そうに言い散らかすのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセリング担当者は多少は仕事の経験がある方にしてほしいと思います。

    転職をする際の面接でする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイ…

  • 転職の面接で着用する腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプのものはやめた方が安心です。この場合の、目立つを詳しく言うとブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは逆にチープなものに見えてしまうとか、そういう目立つということで正反対で目立つ、ということでとらえておきましょう。転職の面接のときに着用する腕時計においてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じようにとらえビジネスの場にふさわしい無難なものをしたほうがベストだと言えます。しかし、自分の歳に見合ったものであるということも条件の1つで、新卒の就活の頃に買った腕時計よりは多少なりとも値段が高いものにした方が転職の面接においてははっきりといえます。

    現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。とはいっても、忙しく働きながら求人情報を調べながら応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて大変だといえるでしょう。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しておく必要があります。

    再就職を考えている際に注視する募集事項に関しては、参考程度に、アバウ・・

  • 再就職をする際に閲覧することになる求人内容に関しては、一般的なものとして記載されている可能性もあり得ます。ですから、書かれている内容はすべて正しいことだとは当てにしない方が最適でしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、社員を平均して出した値なのか?最低額なのか?一番高い給料なのか?というような判断ができない場合が多く、独断で読み取ってしまうと、今後、そのことを悔いる事も少なくありません。ですから、そんな風にならないためにも、募集要項に関しては、おおまかなものだと思って、そういったとても大事な事は会社側に直接確かめてみた方が適切でしょう。

    転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。

  • 転職活動する場合、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。企業の大多数は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類の作成が大切です。単に必要事項を埋めることにとどまらず内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書きます。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、より良い内容に改善していきましょう。自己ブランディングのために利用することも選択肢として考えておきましょう。

    転職すると、高い確率で前の会社の仕事の大方の出来事は美化されます。

  • 職を変えると、高い確率で前の仕事のは美化されるはずです。そもそも現在の会社に合意できない点があるから、そういった思いをどうにかするために、思い切って退職を決め、再就職を決意したはずなのに、昔を思い返すと不思議と転職した会社よりも「前職のほうが良かった」と思う機会が増えてきます。というのは至って当たり前で、前の職場では業務をこなすことに慣れきっていて苦労なくやるべき仕事が淡々とこなしていたのが、もっとも大きい理由ですが、とはいえ「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」といえるほど、前の会社のほうが高く評価されていた場合も考えられます。

    今までは、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、「転職サイト」よりも主に「ハローワーク」が中心でした。なぜなら、大手「転職サイト」は、特性上、都心の企業の求人がほとんどだからです。であったので、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、求人募集をする多少給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に根ざした企業もあり、安心できます。しかし、「どんな求人があるかわからない」と先入観を持っている人が少なくはないでしょう。思いのほか、良い求人もありますのでもし転職を希望しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。「転職サイト」みたいにたくさんのお知らせやメールが送られてくることもありません。

    再就職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出されたとしたら・・

  • 再就職の面接などの場面で名刺を手渡してきた場合、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきかどうかと対応の仕方に迷ったら、ほとんどの場合は渡す必要のないもの、と覚えておきましょう。面接においては仕事内ではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、一般的に名刺を交換する場ではありません。それに、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。それゆえに、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらとしては名刺をもらうだけでよくて、相手側に渡す必要性は少しもないと言えるのです。

    『今すぐ転職したい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばこのときに相談といった形で話を持ちかけると、高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き半年ほど予定が伸びてしまいました。退職することを当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、退職出来たのはこの年の11月です。本来、年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、ほとほと前の会社に対しての信頼はなくなりました。

    再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業クラスの場合、…

  • 再就職のための面接では、規模の小さい企業クラスの場合大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。例を挙げるなら、今後職場でかかわりの深くなる現場の責任者、要するに管理職クラスである部長や課長が担当することもあります。その中でも営業や事務に転職する場合は資格などで見極めが難しいので、なんといっても自分という人物をアピールすることが大事です。面接官の誰からも「この男はしっかり主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。