一般的観点からすると一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか…

ほとんどの場合大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので…

一般的に見て大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は容易ではありません。しかも都会エリア外だとその見込みがずっと低くなります。ですが「製造業」系の場合であれば、地方の工業団地のあたりに工場を持っていることも可能性があります。さらに、そういった地方の工場は、事業分野の拡大にあわせて「途中採用」を行っているので、そういったタイミングを利用するのが無難です。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての予備知識を仕入れておきましょう。ホームページにアクセスして、求人がないかときどき確認してみましょう。

今、私は派遣会社に登録しています。

このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトの中でふと気になる仕事を見つけ出して問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう他の人の採用が内定しています」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、その翌日に閲覧すると再びその求人募集が掲載されています。これって結局私ではダメっていうことですよね。それであれば最初からプライドを傷つけない程度にはっきりと言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。そうでなければひょっとして偽りのお仕事なのでしょうか?

派遣で働いています。労働契約法の関連で否応なく、長く勤務してき…

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意ですがずっと働いていた派遣先での勤務が終わります。派遣の仲間の中には、派遣先の会社で正社員の位置をつかみ取った方もいるのですが実際のところ仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいが上手でお引き立てがあった様子。仕事ができるかどうかよりもおじさん転がしのスキルの方が肝心なんだねーと選考に漏れた派遣仲間の同僚と職場で毎日不満をたれています。

今あるスキルを有効活用しつつ、転職活動をしようと考えているのな・・

今の自分のスキルや資格を活かしつつ、転職する場合、比較的、再就職しやすい業界とそうでないものを理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がしやすい業界としては、常に人手不足になっている「医療・介護」系が代表例といえます。医療や介護では、看護師、介護士の「資格」が必須なため、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、仕事に対しての不満によって、他の業界へ転職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。ですから、容易に考えない事が必要です。再就職される場合は、異業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけましょう。

転職のため職探しをする場合に注意が必要な求人の募集内容は・・

転職のため仕事探しをする場合に気を付けたほうがよい求人内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を含んでおく、といったシステムです。(注意・合法です)仮に『みなし残業代30時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。でも、悪質な求人には『みなし』という言葉自体が可能性もあるので気を付けてください。

転職の予定があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職した場所では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。一年目の段階では大概「試用期間」が含まれているというのがケースが多かったりもします。自身の場合、やっとのことで新しい職を見つけることができたのに、前いた会社での年収と見たところ同額でした。おまけに、仕事はかなりキツく、責任のある立場で、初年度をクリアするのにたいへん状態でした。そのような現実を踏まえると、初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

昔の求人誌では、募集条件の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。

一昔前の求人誌には、雇用側が求める人材の「性別」が当然のように記載されていました。しかし現在では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用する際、男女差別がしてはいけないルールが敷かれ、募集要項の詳細に「性別」が無記載となりました。けれども、求人する側には男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。現実問題として、実際は男手が必要な企業に女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性が来てしまい、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。たとえば、「女性が活躍できる職場です」と紹介されている求人募集の場合は、求めているのは女性だと認識しておく良いです。

新しい仕事を探すのに、今働いているところを辞めて…

転職を考え始めたときに、まずは会社を辞めた後で転職しようとする人もいますが、その場合にはボーナスの支給時期を事前に調べておくのが無難です。ボーナスが出る企業はそこら中にありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをゲットできるのがあとわずかだったら、ボーナスが振り込まれた後で会社を去るという方法も賢い方法です。ボーナスはってかなり額が大きいので、頂いておいた方が良いと考えることもできるので、退職をする際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかをまず第一に確かめておくとスマートな方法です。

新卒後最初に働いた会社で嫌な上司の存在に悩みを抱えて…

就業していた会社で意地の悪い上司に憂鬱な気分にさせられ、結局我慢できずにその会社は辞め、同業である別の会社に転職しました。新しい会社では居心地よく勤務することができて非常に充実した毎日でしたが、徐々に会社の売り上げが減少しある会社に経営統合されることとなりました。その統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、しかも大嫌いだった上司が再び私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょうか。当然また転職活動を開始する予定です。

転職のための活動は希望先転職先の会社企業というよ…

転職活動は、希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接官との勝負ともいえるでしょう。希望する企業に採用されるために、まずはあまり意識せずに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えれば女性とお見合いをする気持ちで向かうと良いと思います。更に大事なことは面接を介して先ず自分の人間性を判定してもらうのでマイナスな印象につながる身なりは気をつけて避けましょう。またモラルある社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。