一般的に見て大業は「定期採用」がメインです。ですから、…

広告
看護師の転職、人気ベストまとめサイト

一般的に見て大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた…

  • たいてい大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職で入る事は中々難しいものです。そのうえ、都会の外だと転職のチャンスはとても狭まります。でも、「製造業」の場合であれば、地方の工業団地で製造の拠点としていることも可能性が高いです。そういう地方の工場は、事業を拡大する際に「中途採用」をしていることが多々あるので、そういったチャンスに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社についての下調べからあらかじめ知っておきましょう。ホームページをチェックし、求人の予定がないか、しっかりとチェックすると良いでしょう。

  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 派遣の会社に登録しています。ウェブサイトの中でふとよさそうな仕事を見つけ問い合わせたところ「そのお仕事はもう別の人に決まりました」と答えられ瞬間的にサイト上から仕事の情報が消滅するのですが、翌日にチェックすると元に戻っています。それって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。それならカドが立たないように正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまた客寄せのための存在しない架空の仕事なのでしょうか?

  • 派遣として勤務しています。労働契約法が原因で残念なこ…

  • 派遣として働いています。派遣法や労働契約法のおかげで長く勤務してきた派遣先の会社での仕事があとわずかで終わります。派遣の仲間の中には、派遣先の会社から正規社員の条件をつかんだ方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらいが得意な方でそのおかげで採用された様子。業務上のスキルよりもおじさん転がしのスキルが重要なんじゃないのと他の派遣仲間と勤務先で不満をたれる毎日です。

  • あなたが持つ現在のスキルや資格が有利にはたらくよう…

  • 自分のスキルを有効活用しながら、再就職をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界としづらい業種を理解しておいてください。転職がカンタンといわれる業種は、働き手がいないと問題となっている医療・介護業界が代表的といえます。医療・介護系の仕事は看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。今、医療や介護の現場で勤務している人が、仕事のきつさから、異業種へ転職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですので、安易に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業界では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

  • 就職活動するときに気を付けて欲しい求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで・・

  • 就職するため職探しをする場合に気を付けるすべき求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といったシステムになります。(なお、これは合法です)例えば『みなし残業代25時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れれば、この給料です」という話になります。が、悪質な求人には『みなし』という言葉が場合もあるので、気をつけましょう。

  • 転職しようと思うなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい転職先で、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけはじめの年度は大概「試用期間」が入っている会社がケースが多かったりもします。自分の事例では、せっかく手に入った職場なのに、悲しいかな前いた会社での稼ぎと見たところ同じ額で変わりませんでした。それに、業務内容はきついうえに、責任も重大だったために、1年目を越すのもたいへん厳しかったです。そのような実体験をしてみると、1年目は、仕事を覚える年と割り切り、可能なかぎり転職以前にお金をためておくことに尽きると思います。

  • 以前の求人誌に募集条件の中に「性別」まで、ハッキリと記載されていました。

  • 以前は求人情報には、雇用主の希望する「性別」が当然のように書かれていました。しかしながら、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用時、男女の差別をしてはならない事となり、応募資格内に「性別」が記載されなくなりました。そうはいうものの、募集情報を出す企業側は、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。そんなわけで、実際は男手を必要なのに、女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。例えば、「女性が活躍できる職場です」といった内容の案件は、女性の働き手を希望しているのだと考えたほうが良いです。

  • 転職活動を始めるときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてか・・

  • 新しい職を探すのに、働いている会社の退社手続きを終えてからという考え方もありますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスがいつもらえるのかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業は山ほど存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが手に入る時期まで少ししかないのなら、ボーナスが支給されてから辞めるという考えも賢明といえます。ボーナスと言うものは随分大きな額なので、手に入れておいた方がいいとも言えるでしょうから、退職をする際にはボーナスについての規定と支給日をまず確認しておいた方が賢いやり方です。

  • 新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に頭を抱え、ついに…

  • 新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に困ってしまい、ついにはやる気がなくなってその会社を辞め、同じ畑の別の企業に移りました。面倒な上司もおらずとても満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ業績が悪化して、結局はある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその経営統合した先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、加えて反りが合わない上司がまた私の上司になることになりました。どれだけ縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動を始める予定です。

  • 転職のための活動は企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」と・・

  • 最短で転職したい場合は希望している企業そのものよりも、採用担当の面接官との勝負といえます。希望する職種に採用してもらえるように、ゼッタイにあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。例を挙げるとお見合いするかのような姿勢でいる望むと良いかもしれません。また面接官はもっとも最初に自分の人間性を判断されるので悪い評価になるような態度は気をつけてゼッタイにやめましょう。そしてモラルある社会人らしい転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、きっと転職活動はかなり楽になります。