一般的に大手企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。

一般的に一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 一般的に見て大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。さらに、市外地でとなるとより状況が低くなりそうです。でも、「製造業」に関連する企業であれば、都市部でない地方の工業団地界隈に工場を持っていることもとても多いです。また、そのような地方の工場なら、事業分野の拡大をする時に途中採用する事がよくあります。このタイミングに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する会社についての情報をはじめましょう。ホームページを見て、スタッフの募集予定はないか、ちょこちょこ確認すると良いでしょう。
  • 今、私は派遣で働いています。サイト内でなにげなくよさそうな仕事を…

  • 今、私は派遣会社に登録しています。サイトで気の向くままに自分にぴったりの仕事を見つけて確認してみると「その仕事はすでに他の方に決まりました」とお断りされ一時的にウェブサイトから仕事の情報がなくなってしまうのですが、なぜか翌日に閲覧すると消えたはずの情報が掲載されています。ということは結局私ではダメだっていうことですよね。そういうことであるならば変に隠さないようにはっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。それともまたもしかして偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 派遣で会社で働いています。労働契約法のおかげで不本意ですが…

  • 派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のせいで不本意ですが長くお世話になった派遣先の会社での仕事があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣先から正社員のポストをつかんだ方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司の扱いが上手な人でそれが採用の決め手となった模様。仕事を行う能力よりも上司に媚びるスキルの方がいるんだねーと選考に漏れた別の派遣の仲間と職場で不満をたれる日々です。
  • 今あるスキルを有効活用しながら、転職する場合は、比較的、転職がしやすいジャン・・

  • 今の自分のスキルをふまえて再就職をするつもりなら、再就職がしやすい業界と、比較的、再就職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的に人材が不足している医療や介護系のジャンルがおなじみですね。医療や介護の業種では看護師や介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。今現在、医療従事者として働いている人が、理由あって異業種に転職したいと考えているのなら、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。簡単に考えないことが重要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業界では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけておきましょう。
  • 就職活動に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、…

  • 転職のため仕事探しをする際に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間とか45時間という風に求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みになります。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代35時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、この給料です」という求人になるわけです。でも、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』という言葉がない可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。
  • 新しい職場(転職先)では、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社1年目の段階では、ほぼほぼ「試用期間」が入っている会社が可能性は少なくありません。自分の事例では、尽力して転職して予想と異なり以前の職場での年収とあんまりイコールで変わりませんでした。それに、仕事内容は多様で忙しく、責任重大な立場でもあったので、最初の一年を乗り切るのに厳しかったです。そのような経験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、出来る限り転職する前から貯蓄しておくことに尽きると思います。
  • 昔の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、きちんと書かれていました。

  • 数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」について、当たり前のように書かれていました。しかし現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女差別が採用時にあってはならないという決まりになり、求人情報に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、募集情報を出す企業側は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですので、実は男手が必要な会社に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。仮に、「女性が活躍できる職場です」と記載があれば、雇用主が働き手は女性を必要としている、と読むのが無難です。
  • 新しい仕事を探すのに、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてか…

  • 新しい職を探すのに、まずは会社を辞めた後でという人もいますが、それならボーナスが入る時期を前もって調べておきましょう。ボーナスが出る会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスをもらえる時期が近いときには、その日の後で辞める意向を伝えるという手も賢いやり方です。ボーナスは少々多くもらえるはずなので、もらっておかないと損をするとはっきりと言うことができますから、会社を辞めるときにはボーナス支給日をまず第一に確かめておくとスマートな方法です。
  • 在職していた会社でパワハラを行う上司に嫌な目に合わされ・・

  • 就業していた会社で感じの悪い上司の存在に神経を使い、結局これ以上は無理だと思いその会社を退職し、同じ業種の別の企業に職を移しました。新しい会社では人間関係も良好でとても満足のいく毎日でしたが、少しずつ会社の売上が悪くなって、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、その上すごく嫌いだった上司が再び私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。言うまでもなくもう一度転職活動を始めようと思っています。
  • 転職活動といえば、希望している企業そのものより、どちらかというと「担当面接官」…

  • 転職活動で大事なことは企業とのやりとりというより人事や採用担当の面接官との勝負といってもいいでしょう。希望する職種に採用してもらえるように、まずは面接が始まる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする気持ちで向かうと良いと思います。更に大事なことは面接を通じて先ず自分の人間性を観てもらうわけですから、悪い印象を与える言動は気をつけて控えましょう。常識的な社会人らしく面接に適した整った服装で望みましょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。