より安定した生活基盤を送ろうと正規社員として働きたいと考えている人は…

より安定した生活基盤を送りたいと正社員になりたい人は…

  • 安定した暮らしを願って正規社員を目指している人は少なくない、というのが現状です。けれど、即戦力として働けるようにかなり頑張っても、中々正社員としての転身が現実化しない可能性もあります。派遣社員の求人募集があっても、正社員の求人以外はそっちのけで時間を無駄にしてしまっているようです。しかし、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員や派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社によっては、その人の実力によって、数年で正社員への転身を狙えるところもあるからです。ですから採用面接時に、こうした可能性を訊いておくようにすれば人生設計が立ちやすいはずです。

    とある古物商のお店で、書類選考をクリアして先方から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。その後先方から面接の日時を指定してもらいました。ところが、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待って、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、だらしのない態度で迎えられ、なんとか面接を終えました。ですが、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、待っていられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方なく再度問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用です」、とその直後、電話を切ってしまいました。呆れて何も言えませんでしたが、採用されなくてよかったです。

    転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される案件も多いため…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、掲載される求人情報が多いため、2~3社程度、とりあえずはウェブ登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、さらに条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすいです。だとしても、初回は登録するのにかなり時間がかかるので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録する初日は、少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は新規案件のみ確認するだけでよいので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めにきちんと準備しておくことを心がけるのが賢明です。

    少し前に転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていないの…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、すぐに辞めてしまう人というのも結構多いといいます。何故そうなるのかと考えてみると私の考えでは気持ちも新たに、仕事環境を手に入れたものの、「自分自身の想像していたものとだいぶギャップがあって幻滅した」「雰囲気が馴染めない」ということが原因で退職を決意するみたいです。可能ならこのような失敗を避けるためにははやり事前の情報集めを徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与システム、などいろいろ事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

    転職を予定しているのなら現在勤務している会社を辞める時…

  • 転職を予定しているのなら現在勤務している会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、あなた自身が退職願を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険はすぐに受け取れません。手続きをした後で失業が確認されてから3か月の期間が必要なのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果ハローワークのスタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのちすぐに失業保険が給付されます。

    就職活動において、年収は大変重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の際、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収より多く言って、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが間違いがありません。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

    昔から日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。転職を検討する際は、大切なのは適した時期といえます。まず第一に、現在の職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して不満点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出してみましょうこの作業が、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして決断したら早めにより良い仕事ができるように進めることが大切です。

    転職したい会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、すごく参考になります。また、「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、実際の姿を見せてはくれません。その最たるものが、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドが高めな業種なので、入社後でないと、本来の姿はみえません。そのため、仕事=見学で知った内容と考えないことが無難です。さらに、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、良い会社とは言えません。入社してもいない人には万が一トラブルが発生してもそれに対する保証がないので、仮に、勧められたとしても丁寧に断るほうが良いでしょう。

    仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的な負担が大きくなり…

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど心的にとてもつらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、相談するのは職場の人にするよりも自分の家族に相談したうえで、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、働くことは自らのためでもありますがしかし。家族の問題ともいえます。どんなに高い報酬を得られたとしても、メンタル面が追い込まれるまで働くことは、健全ではないはずです。今の社会では、働く当人が働きやすいことを優先する生き方も徐々に増えつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族、あなたの心も大切にしましょう。

    転職によって職場を新しく換えるということは、自分に…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分に見合った職場を選択したいものです。職場を変えれば驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。とはいうものの、実際に行動するともなると、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体が難しいです。逆説的に表現すると、あなたの才能次第で、「天職」に近い転職に巡り会える可能性も広がる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が社会的に当たり前になっているので、転職しても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。人の流動性が高くなりつつある昨今、「優秀な人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。