より安定した暮らしを願い正規の社員として働きたいと考えている・・

安定的な生活を求めて正規の雇用社員になりたい人は相当数いるのが現実です。

  • より安定した人生を送りたいと正社員になりたいと考えている人は多数だと思います。でも、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っているのに正規雇用が現実化しない可能性もあります。非正社員の求人募集があるのに正規雇用の求人情報に拘り、チャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。もしも、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正規雇用者に応募することも視野に入れてみてください。契約社員募集の会社のなかには、働きぶりによって2,3年で正規雇用への転身を狙えることもあるんです。ですから採用面接時に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと人生設計が立ちやすいはずです。
  • ある古物商の会社で書類審査に受かったので、担当者から面接日時を告げられました。

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過しました。2、3日して担当者から、面接日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、相手が、面接の用意を一切していないと知りました。ようやく、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、非常にだらしない態度を見せられ、淡々と面接は終わりました。けれども、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、しびれを切らし、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着で仕方がないのでもう一度電話をしたところ、なんと、「結果は不採用でした」、とその直後、電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れ果ててしまいましたが、ハッキリ言って、採用されなくてよかったです。
  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が豊富な量の案件が掲載されているた・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件の数が多いため、入社したい2~3社を、ともかく転職サイトに登録し、勤務地などにチェックマークをいれておき、あとは条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。ですが、初回だけは登録するのにそこそこ労力を要するので、登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときは少し時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、後のことを考えれば、初めの準備を怠らないことを推奨します。
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、早・・

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう決意してしまう人がなんとなく多いといいます。何故そうかと思うと私の考えでは良い環境を手に入れたものの、「自分の理想としていたものと大きく違っていた」「会社のルールに慣れなかった」ということがワケで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならばこういった転職における失敗を未然に防ぐためには、初歩として、前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、昇給システム、など多角的にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 転職の際に現在勤務している会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

  • 転職の際に今働いている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、仮に自分のほうから退職願を出して退社する、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経ってやっともらえるのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、自分側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されて即座に失業保険が給付となります。
  • 就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。なお、今の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはまず無理です。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職に追い込まれることもあるので、注意しましょう
  • 日本には古来より”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 古来より「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。仕事を変えたいと考えているなら、時期を的確に捉える必要があります。最初に、今やっている職場、仕事の内容について、嫌だと感じいているポイントを、約10項目探してみてください。そうすることで、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早急に今よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。
  • 転職先で見学しておけば、たいへん参考になります。

  • 転職候補に挙がっている会社の見学ができれば、すごく勉強になります。特に、技術を必要とされる業種なら、スキルを近い距離で見られるのでワクワクします。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では絶対に見学者には、本来の姿を見せてはくれません。例えると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、本当の姿はわからないものです。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがたいへん大切です。ましてや、見学時に仕事を体験させる会社は倫理的にアウトですから正直言って、注意しておくべきです。入社すらしてない人にはもし何かあっても、保障が一切無いので、担当者から勧められても角が立たないように断りましょう。
  • 働く中で回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況となったな・・

  • 仕事をするにあたり、心的にとてもつらくなってしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には、そんな時は、会社と相談ではなく自身の家族と相談し、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。どうしてかというと、働くことは当事者である自分です。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。どれだけ高い給料を得たとしても、精神がダメージを負ってしまうまで無理しながら働くのは好ましいはずがありません。今の時代は物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方が尊重される社会です。ですから気に病むことなく、家族や、自分の心身をいたわりましょう。
  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自分自身に合…

  • 転職して職場を一新するということは、自分に合う自分の理想に近い場所を見つけたほうが良いということです。職種を変えることで、適した仕事に出会うかもしれません。でも、実際に行動するともなると、雇用側が必要とするスキルがないと、転職自体がままなりません。表現を変えると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が権利として認知されているので、転職しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある昨今、「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業も多くなっているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。