より安定した人生を欲しがり正規の雇用社員になろうとしている人・・

安定的な人生を手に入れるべく正規社員を目指している人・・

  • 安定した生活を手に入れるべく正規の雇用社員として働きたいと思っている人は相当数いるのが現実です。ただ、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、正社員として雇い入れてもらうことが叶わないケースも少なくはいはずです。非正社員の求人があるのに正規雇用の求人以外には目もくれずエントリーしない人も多いでしょう。なかなか、中々正社員としての転職が難しいのなら、準社員に応募することも視野に入れてみてください。企業のなかには、働き手の活躍の度合いによって数年で正社員へのキャリアアップを図れるようにしている所があるからです。採用面接時に、こういった可能性をヒアリングするようにしておけば人生設計が立ちやすいはずです。
  • とある古物商にて、書類選考に合格しました。すぐに担当者から面接日時を告げられました。

  • ある古物商の会社で書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について担当者から連絡をもらい、にもかかわらず、当日、指定場所へ行ってみると、どういうわけか相手が、面接準備を一切していないと知りました。所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、非常にけだるい表情を見せ、やっとのことで面接は終わりました。が、予定日になっても結果連絡が一切来ず、ガマンできなくなり、私の側から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、仕方がないので再度連絡をしたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れて言葉を失いましたが、本当は、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほう…

  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど豊富な量の案件が掲載されているため、興味を引く2,3の会社を、ともかくサイトに登録し、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、さらに自動で案件の連絡が入るようにしておくと簡単に情報を集めることが可能です。とはいっても、はじめは登録するのが少々大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録の初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後々のためにも、最初にきちんと準備することを心がけるのが賢明です。
  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職してしまう人というのも思いの外少なくないのです。何故そうなるのかと思うとたぶん転職先の仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の理想としていた職場環境と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」という理由で去っていくのだとか。可能ならこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、第一に、転職先の情報収集を徹底するほかありません。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、など多角的に前もってチェックしておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 転職に先立って今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません・・

  • 転職をするために今勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしも自分から退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険はすぐには給付されず手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークの職員とトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定を受けてから即座に失業保険をもらえます。
  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性は通常あり得ません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。
  • 古来より「石の上にも三年」という格言があります。

  • 古来より「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。現在の社会では終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。けれども、誰もが簡単に転職できるやたらと職を変えようとするのはキケンです。転職するつもりなら、時期を的確に捉える必要があります。まず、今やっている職場、や仕事内容について、納得できていないと感じることを約10項目探しておきましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職がスムーズになるはずです。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。
  • 転職先で会社見学しておけば、すごく勉強になります。

  • 転職候補先の見学は、たいへん勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社では腕を見るのが楽しくなります。そんな会社の見学では、絶対に見学者には、実際の仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この職種では、個人のプライドが強いので入社するまで本当の姿はわからないものです。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことがたいへん重要なのです。さらに、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人には何かトラブルが発生しても、それに対する保証が一切ないので、担当者から勧められても角が立たないように断るとこが大切です。
  • 仕事のために精神的なダメージが増え、職場を変えなくては、という気持ちになったなら…

  • 仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そのときは、会社(の関係者)に相談するよりも自分の家族に話を聞いてもらい退職するかどうか判断した方が良いです。なぜなら、働くことは当事者であるあなたです。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、どんなに高給を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるまで無理しながら働くのは健全とは思えません。現代は、金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、身内や、あなたの心と体を大切にしていきましょう。
  • 転職で職場を一新するということは、自分自身に適合…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自身に合う勤め先を選択したいものです。職場や勤務先を変えることで、自分でも驚くほどの適職に出会う可能性もあります。が、マイナスの面も持ち合わせていて、雇用側が必要とするスキルがないと、転職自体が難しいです。逆説的に表現すると、あなたの技量次第で天職に恵まれるチャンスも高くなる、ということ。最近では「職業選択の自由」が社会的にも認められているので、転職を選択しても特に困難なことはないでしょう。組織と人との関係が薄まりつつある現在は「使える人材が欲しい」と感じている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を有効活用してみてください。