もしも転職される場合は、あらかじめ「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

広告
薬剤師の転職サイトまとめ

もしもあなたが転職される場合は、転職する前に資格を取るとステップアップします。

  • もしも近い将来、転職するのなら、転職する前に資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職活動時にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが簡単になります。そんなわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番最適です。もしあなたが未来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、退職後も後悔することなく前に進めるはずです。しかも、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには面接官に即戦力として扱われ今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 転職サイトは大きなサイトの方が多くの転職情報が掲載されているた・・

  • 「転職サイト」は、大手のほうが掲載される企業の数も多くなるため、感じがよさそうな2~3社を、とりあえずウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、さらに条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。とはいっても、最初だけは登録するのに幾分か労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初日は、少し時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、後のことを考えれば、初めの準備を怠らないことをお勧めします。
  • ちょっと前に転職したばかりであるにもかかわらず、す…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人がなんとなく多いものです。何故かと考えてみると私の思うところはリフレッシュな気持ちで転職先の仕事環境を見つけたというのに、「自分の想像していた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」といった感じで去っていくのじゃあないかと思います。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないためには、はやり転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、業務におけるルール、などあれこれ前もって調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していのだ…

  • かつてはかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質に関しても驚くほど色々あって大方は満足のいく対応をしてくれない担当者ばかりでした。こちら側は人生がかかっているのにもっと一生懸命に臨んでほしいという落胆した気持ちが膨れ上がりました。それが発端となり自らキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得のためには支出が増えたし資格取得のための勉強面に関してもかなりハードですが、お仕事を探している人から頼られるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。
  • 転職するため職探しをするときに注意すべき求人情報は・・

  • 転職活動中に注意したほうがよい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束時間が長めのものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が少なくありません。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間・45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料に残業代を組み込むというものです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代25時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料がもらえます」という求人になるわけです。が、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですのでしっかり気を付けてください。
  • 就労期間にあるときは、状況が許す限り、同僚に悟られないよ・・

  • 雇用中は出来るだけ社内の人間に悟られないよう、(私の転職活動では)前職中に転身する考えだけを活動初期の段階で周りの人間に仄めかして反応を見ました。でも、その顎、求人情報を必死に見て回ったのですが、結局転職先も転職時期すら無計画なまま進めていたので、ズルズル時が過ぎてしまい、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。
  • 近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり…

  • 近年では、株や不動産投資等の不労所得を得たり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。必ずしも「自営業は安定しない」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長時代においては、どうなるかわからない株式投資・自営業よりも組織の一員のほうがはるかに安定性がありました。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、今現在は「成熟期」と付けられています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 転職活動を行うとき、始める前に、ネット上の求人サイトを見たりし・・

  • 転職活動の際は、事前にハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして気になる会社をチェックされるとは思います。当該会社が情報を公にする際には、、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。たとえ公表するとしても遠回しな表現に徹します。そういった社員の声や社長のインタビューについては、それを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんなはずじゃない!」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、言いがかりをつけながら会社を辞めれないように策を練ってきます。この種のブラック企業には気を付けましょう。
  • 楽しく再就職と向き合うことで、精神的にも転職活動の間に堕落はしないですみます。

  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職と向き合うことで、精神的な負担が減るので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。そのうえメンタルにも健やかであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職せずに新しい職場を見付けることが大切です。現在の仕事を辞めずに次を見付ける形が理想といえます。また、休職期間をなくすことで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴も傷がつきません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。将来のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。
  • 世の中は便利になったものでPCを使えばわかるけどネットで見られる世界で・・

  • この頃スマホを見ればネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものがあちこちにあったりします。その無数のサイトから自分にピッタリの転職先というのを見付けるためには、まずは情報収集です。こういうサイトをきっちり使いこなすことで、効率的な転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。