ほとんどの場合大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから…

ほとんどの場合大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか・・

  • 一般的観点からすると大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。さらに、都会以外だと転職の確率がさらに小さくなります。ですが「製造業」系であれば、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を持っていることもとても多いです。また、そういう工場の場合、事業分野の拡大と並行して人員募集をすることも珍しくありません。その好機に転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社についての情報を把握し、ホームページに訪問し、求人予定の予定はあるか、暇があれば確認してみてください。

    このところ私は派遣の会社に入っています。

  • 今、私は派遣会社に登録しています。インターネットサイトの中でなんとなく気になる仕事を探し出して尋ねてみると「その仕事はもう別の方で話が進んでいます」と断られてしまい瞬間的にウェブサイト内からお仕事情報が消えるのですが、その次の日には再び載っています。これって結局私だとダメだと言っているのと同じですね。そういうことであれば最初からカドが立たない程ではっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それとももしかして偽の仕事なのでしょうか?

    派遣社員として勤務しています。

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法とかのからみでやむを得ず、長期間勤務していた派遣先の会社での仕事が終わります。同じ派遣である人の中には、派遣先から正規社員としての契約をゲットした人もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事の実力というよりは派遣先上司の扱いがうまい方でお引き立てがあったよう。テクニカルスキルよりもおじさん転がしの能力がいるんだねーと他の派遣の仲間と派遣先の会社で毎日愚痴を言ってます。

    自分のスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動を考える場合に・・

  • あなたが持つ現在のスキルを有効活用しながら、転職活動を検討する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と転職が難しい業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう職種としては、働き手がいないと問題となっている医療や介護系の仕事がとても有名ですね。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士の資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、何かしらの理由によって他の業界に転職しようと思う場合は、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は少なくなります。というわけで、安易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、他の業界ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、覚悟しておきましょう。

    転職するため職探しをする場合に特に注意したほうがよい募集内容は…

  • 就職するため仕事探しをする場合に注意して欲しい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがよくあります。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものになります。(この仕組みは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という意味になります。しかし、悪質なブラック系の求人では『みなし』を記載していないことも少なくないので気をつけましょう。

    転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。ことさら、一年目はおおむね「試用期間」が含まれていることもあります。私自身の転職して新たな仕事をした時は、労力を費やして手にした職場だったものの、悲しいことに以前の職場での稼ぎとほとんど差がありませんでした。おまけに、仕事内容はかなりキツく、とても責任のある立場で初年度を越すのもひどく労力を伴いました。そうした実体験から転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、できれば転職以前の段階でお金をためておくことに尽きると思います。

    数年前は求人誌では、雇用側が必要とする「性別」について…

  • 一昔前の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、書かれていました。ですが今現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用する際、男女差別がしてはならないルールが決まり、応募資格内に「性別」が無記載となりました。それでも、募集情報を出す企業側は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。そのため、実は男性欲しい案件に、女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、希望しているのは女性だと読み取ることが確実でしょう。

    転職において、まず会社を辞めた後でという人もいるでしょう・・

  • 転職活動をスタートする際、現在働いている会社を完全に辞めてからと考える人もいるようですが、そうならばボーナスの支給日を気にかけておきましょう。ボーナスが支給される会社は山ほど存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが手に入る時期まで長くないのなら、ボーナスが支給された後で退職するという考えもおすすめです。ボーナスは少々大きな額なので、もらい損ねたら損ということもはっきりと言うことができますから、転職を思いついたらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかをまず第一に確かめておくと損をしません。

    昔働いていた会社でのことですが嫌で反りが合わない上・・

  • 就業していた会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を使い、結局仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業者である別の企業に行くことにしました。転職先の会社では気分よく働くことができ満足のいく毎日でしたが、じわじわと業績が悪化して、結局はある会社に経営統合されることとなりました。偶然にも経営統合の相手はなんと前に働いていた会社で、しかも反りが合わない上司がもう一度私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょう。もちろんもう一度転職活動を始める予定です。

    スムーズに転職したい時は、希望する企業相手というよりも…

  • 転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりも正確には「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、まずは肩の力を抜いて平常心で対応しましょう。「お見合いする」と捉えておく望むのも大事でしょう。とくに面接官に対してはまず第一に自分の人間性を評価してもらうのでマイナス評価となるような見た目や言動は注意しやめましょう。良識ある社会人らしく面接に適した整った服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に良い印象を残せれば、良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。