とみにスマホで調べればインターネットで見られる世界では…

最近はインターネットで見られる世界にはいわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが…

  • 最近PCやスマホを見ればネット上では、いわゆる転職情報を掲載している「転職サイト」が数多くあったりします。その相当な数のサイトから自分にピッタリの転職先を見付けるために、最初は情報が大事ですから収集が必要です。こんな転職サイトをきっちり利用することで効率的な転職が叶えられるはずです。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。
  • 転職というものについて考えた場合、転職先となる職場におけ…

  • 転職を考える際、転職後の給料を気にしすぎる人が意外と多くいるでしょう。大部分の人はですから生活費を手に入れるために仕事をしているのだとは思います。自分がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので当然大切なものとして扱うのは無理もありません。それにしても必要以上にもらっている年収額に執着しすぎる生き方というのも虚しい気がしませんか?この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。
  • 求人に係る情報をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど…

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業に目を通さない人がいます。そういったことをしている人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていることが少なくありません。現に、製造業での求人募集でも、経理、総務といった従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する部署もたくさんあります。製造業がある場所はオフィス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうした事には自身の執着をなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。
  • 未経験の業界などに転身する際には、以前の業界で、自…

  • 全く経験のない分野などに転身をしようとするときには、自分の前の仕事で身についたスキルや今まで経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。その業種の未経験者はその分だけそのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、不足することはありますが、自分が保持している力がその業界においても生かすことができるということをしっかりと伝えることができれば、勝負になるケースは出てきます。ですので、未経験であるジャンルに挑む場合は、その分野と自分がこれまでやってきた仕事との関連をできる限り見付けましょう。
  • 看護師でありながら他の職業に「転職しよう」と思う原因…

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に「転職しよう」と思う原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって出産・子育てそれに親の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「今の給与体系に不満がある」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくり沈着冷静に現状を客観視することも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。
  • 違った企業がいいと転職で活動している人とは「一刻もはや…

  • 今と違った会社に入りたいと転職で活動している場合には「ちょっとでもはやく、採用通知が欲しい」と思ってしまいがちです。とはいえそのために良い知らせを得たいばかりに、自身をより大きく見せたり、逆に自分を能力を安く見積もったことは、可能な限り止めておきましょう。焦ってしまう気持ちをぐっと抑えて、冷静になりつつ、自分にふさわしい職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経験が活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。
  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が近頃は多くなってきています。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が規制緩和の後、増えてきていますが、もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかをなるたけ面接のときに質問しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、悪い業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないケースも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、そこを利用するのを止めておくのが賢明です。
  • 転職活動を始めるとき、いろんな方法で情報を得ることが多いと思います…

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に役に立ちます。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の復讐によってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った角度から見れば、口コミの内容が真実でなければ、会社としては放っておけばいいようにも思えます。とはいっても、実際は『クロ』で「このままではマズイと考え、はやく火消しをしよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、それだけ、入社してから不利益になるリスクが高い地雷企業であると考えるべきでしょう。そもそも、善良企業の場合トラブルなんて起こりません。
  • 現在の自分の勤め先や業務内容について多くの人は不満を感じていると思います。

  • 今現在の自身の勤め先や仕事の中身について何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自分のスキルや能力を正しく評価されていない」したがって、「月給は変わらないし、将来的な出世も期待できない」といった内容が多いように見受けられます。けれど、上記のような不満を持っている人のなかには自身の本当の実力を実際よりも過剰評価していることが少なくありません。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と仕事をしない期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで転職に当たっては「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることから始めてみましょう。
  • 転職をする場合、とても要となるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職をする場合、要となるのがまぎれもなく「面接」になります。大半、面接の際は、応募してきた人に対し、転職に至った理由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接希望者側からの疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接担当のスタッフから「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と。そういった質問が来たときは、答えを用意しておらず、何も聞けないこともあるかもしれません。後々後悔しないように面接の前には面接担当者からの問いに対する、答えを準備しておくのがベストです。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。